『TENET』エリザベス・デビッキらオーストラリア出身俳優台頭のワケ ハリウッドとの関係も深い!?

『TENET』エリザベス・デビッキらオーストラリア出身俳優台頭のワケ ハリウッドとの関係も深い!?

 日本でも大ヒット中のクリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』で、ひときわ鮮烈な印象を放っているのがキャット役を演じたエリザベス・デビッキだ。女性キャラクターの描き込みに賛否があるノーラン作品といえども、主演のジョン・デヴィッド・ワシントンやロバート・パティンソン、そして夫役であるケネス・ブラナーらの“お飾り”になることは決してなく、191cmの高身長から放たれる圧倒的な存在感で見事なまでに観客の視線を独り占めしている。

 そんなデビッキのフィルモグラフィを遡ってみれば、バズ・ラーマン監督が手がけた『華麗なるギャツビー』やガイ・リッチー監督の『コードネーム U.N.C.L.E.』、さらにはMCUの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、日本では未公開でソフトスルーになったスティーヴ・マックイーン監督の『ロスト・マネー 偽りの報酬』と、すでに一線級の活躍をしていることは言うまでもない。それでもこのコロナショックで世界中の多くの人々が映画館に戻るきっかけを作った『TENET テネット』において、物語の中心核を担うひとりとして活躍を見せたということはあまりにも大きく、本作を契機にさらなるブレイクを果たすことは待ったなしであろう。

 このデビッキをはじめ、ハリウッドの映画界ではオーストラリア出身俳優のめざましい活躍がかなり長いことつづいている。その間口を最初に開いた俳優は、1930年代に活躍したエロール・フリン(マーティン・スコセッシの『アビエイター』でジュード・ロウが演じたことでも知られている)であり、その後2代目ジェームズ・ボンドに抜擢されたジョージ・レイゼンビーや『マッドマックス』で脚光を浴びたメル・ギブソン、オーストラリア人俳優として初めてアカデミー賞を受賞したジェフリー・ラッシュらが強固な礎を築いてきた。

 その後90年代に入り、地元の作品で確かな力量を見せたニコール・キッドマンやラッセル・クロウらが注目を集めるようになると、いまやオーストラリア出身俳優の代表格であるケイト・ブランシェットとヒュー・ジャックマンが登場。ほかにも『メメント』のガイ・ピアースや『ダークナイト』のヒース・レジャー、『ヘレディタリー 継承』や『もう終わりにしよう。』で怪演女優としてその名を轟かせるトニ・コレットらが続々ハリウッドで頭角を現し、ルーク、クリス、リアムのヘムズワース兄弟や、『アバター』のサム・ワーシントンなど、枚挙にいとまがない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる