井ノ原快彦が道枝駿佑におべんとうを手渡す 『461個のおべんとう』新場面写真公開

井ノ原快彦が道枝駿佑におべんとうを手渡す 『461個のおべんとう』新場面写真公開

 11月6日公開の映画『461個のおべんとう』より、新場面写真が公開された。

 本作は、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続け、その記録をSNSで発信してきたTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美の書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を実写映画化した人間ドラマ。

 ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役をV6の井ノ原快彦、一樹の息子・虹輝役をなにわ男子の道枝駿佑が演じる。『キセキ ーあの日のソビトー』『泣くな赤鬼』の兼重淳が監督を務め、原作者の渡辺が自ら音楽を手がける。

 井ノ原演じる主人公・一樹は、多忙なミュージシャンで、いつも前向きで自由奔放な性格。それと同時に、「3年間休まず高校に通う」「3年間毎日おべんとうを作る」という親子の約束を果たすべく、毎朝早く起きて息子に手作りのおべんとうを持たせる、家庭的な優しい父親でもある。今回徹底した役作りを通し、井ノ原は大人の自由を謳歌するタフな父親を自然体で表現。兼重監督は「なんであんなに良い人なんだろう(笑)。井ノ原さんの人柄に引っ張られて、ポジティブな一樹になりました。俳優・井ノ原快彦の“真骨頂”をたくさんの方に見ていただきたいです」と大絶賛。ベテランの撮影スタッフを「芝居をしている感じが全くしない」と驚かせるほど、自身と役柄の親和性も高く、普段と変わらない井ノ原の演技に思わず原作者の渡辺俊美も微笑んでしまったと明かす。

 井ノ原の細やかな役作りのアプローチは、衣裳にも反映されている。一般的な撮影では、どのシーンで何を着るのか予め決めておくが、一樹の服装は、井ノ原と衣裳や小道具スタッフとの綿密なディスカッションの上、撮影当日に決定することもあったという。スタッフとの積極的なコミュニケーションが、リラックスした一樹の雰囲気を作り上げた。

 さらに平石プロデューサーは、「親の心情としては掴みにくい、一樹の“楽天家”的な要素も井ノ原さんならさわやかに演じてくれるだろうと。難しい役柄ですが、新しい父親像が見られるのではないかとも期待していた」と語っている。

 公開された場面写真は、自分に自信が持てず思い悩む虹輝(道枝駿佑)に「大丈夫。全部うまくいくよ」と、一樹が優しくおべんとうを手渡すシーン。すれ違う親子がおべんとうを通じて仲を深める貴重な場面となっており、息子の成長をそっと後押しする一樹の姿を映し出している。

■公開情報
『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国公開
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳
脚本:清水匡、兼重淳
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
(c)2020「461個のおべんとう」製作委員会
公式サイト:461obento.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる