井ノ原快彦と道枝駿佑が親子の約束を交わす 『461個のおべんとう』本予告&ポスター公開

 11月6日公開の映画『461個のおべんとう』より、本ポスターと本予告が公開された。

 本作は、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続け、その記録をSNSで発信してきたTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美の書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を実写映画化した人間ドラマ。

 ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役をV6の井ノ原快彦、一樹の息子・虹輝役をなにわ男子の道枝駿佑が演じる。『キセキ ーあの日のソビトー』『泣くな赤鬼』の兼重淳が監督を務め、原作者の渡辺が自ら音楽を手がける。

 公開された本ポスターには、お弁当箱におかずを詰める一樹と、教室でお弁当を頬張る虹輝の姿が切り取られており、ほかキャスト陣がそっと二人を見守っているかのような笑顔溢れるビジュアルに仕上がっている。

『461個のおべんとう』本予告

 あわせて公開されたのは、井ノ原と道枝が歌う主題歌「Lookin’4」を使った本予告。何気ない会話から、一樹は「高校3年間のお弁当作り」、虹輝は「高校3年間、休まず学校に通う」という親子の約束を交わすことに。虹輝は、お弁当を通して同級生のヒロミ(森七菜)と章雄(若林時英)と仲良くなったり、恋心を抱く高校のマドンナ・礼奈(工藤遥)にお弁当を羨ましがられるなど、高校生活に変化が現れる。そして、ヒロミから、毎日のお弁当写真が載っている一樹のSNSを見せられて、お弁当を作ってくれている父親の存在の大きさに、改めて気づく様子も。また、「いろんなもの食べるってことは、そんだけ世界も広がるってこと」と話す一樹の母親・鈴本奈津子(倍賞千恵子)や、虹輝の母親・浅井周子(映美くらら)に、一樹のバンドのレコーディングエンジニア・矢島真香(阿部純子)とバンドメンバーたち(KREVA、やついいちろう)、マネージャー ・徳永保(野間口徹)、さらには、一樹の母親・鈴本奈津子と姉・遠藤咲江(坂井真紀)、親子を支える様々な登場人物たちの姿が収められている。

■公開情報
『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国公開
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳
脚本:清水匡、兼重淳
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
(c)2020「461個のおべんとう」製作委員会
公式サイト:461obento.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる