菅田将暉が『MIU404』にジョーカーさながらの登場 赤い服の男に漂う“隠し切れない狂気”

 回を追うごとに志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)のバディ感に深みが増し、視聴者の心を掴んで離さないTBS金曜ドラマ『MIU404』(TBS系)。そして、第3話のラストで登場し、視聴者に衝撃を与えたのが菅田将暉だ。

 事前に告知されていなかった菅田の突然の登場に、ドラマ終了後3分も経たずに「菅田将暉」 のワードがTwitterのトレンド入りを果たした。その後、公式ホームページでも、まだ名も知らぬ役柄の菅田がレギュラーであることが明かされ、ネット上では菅田の演じる役柄について早くも様々な考察が繰り広げられている。

 菅田が登場したのは、クレジットが表示され、米津玄師によるエンディングテーマ「感電」が流れてからのタイミングだ。警察からただ一人逃げ延び、ビルの外階段に潜む少年・成川(鈴鹿央士)の前にふらふらと現れ、唐突に関西弁で話しかける。階段のシーンであること、立ち振る舞い、赤いレザージャケット姿はさながらジョーカー(映画『ジョーカー』(2019年)の主人公)のよう。明るい声と関西弁で少年に話しかけ、階段の上から街へと叫び声を上げるシーンでは狂気さえも感じさせた。

 この日の登場で、菅田は少年に「俺は君の味方」と傘を差し出す。その後突然、夜の街に向って「ワーーーーッ!」と大声をあげると、その叫びはたちまち少年にも伝播する。「クソがー!」「シネ―、ボケー!」と2人が叫びを共有する瞬間は、少年の心がビー玉のように菅田の元へと転がり落ちる瞬間でもあった。カラフルで怪しげなドーナツEPと呼ばれるドラッグを持っているところから、まともな人物ではないことだけは分かる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる