『MIU404』に騙され続けている気がしてならない 死を恐れなかった星野源の真意とは?

『MIU404』に騙され続けている気がしてならない 死を恐れなかった星野源の真意とは?

 現実社会では騙されるとしゃくだが、ドラマならば大歓迎だ。金曜ドラマ『MIU404』(TBS系)は、毎度のことながら驚かされる。それは、自分自身の視野の狭さにだ。騙されるのは、それだけ一つの面しか見えていない証拠。人は自分がわかるものから認知して、知っていることを真実と思い込もうとする生き物だ。そういえば、第1話から志摩(星野源)はそう言っていたっけ。「思い込みで話が曲がる。無意識のうちに」と。

 知らず知らずのうちにバイアスがかかって「きっとこうに違いない」という思い込みを生む。でも、つぶやきの読む順番が逆になれば、意味が全く変わって伝わるように、異なる側面から見た事実にハッとすることになる。このドラマは、そんな気づきの連続なのだ。

 第4話、サブタイトルは「ミリオンダラー・ガール」。暴力団によって闇カジノに引きずり込まれ、人生を狂わされた青池透子(美村里江)が、1億円を持って逃走した。1話完結の刑事モノ。通常であれば、この事件が解決されてスッキリ、めでたしめでたし。

 だが、それが思い込みというもの。『MIU404』は、そんな簡単な話で終わらせてはくれない。追い詰めたところで1億円が入ってるはずのスーツケースは空だ。じゃあ、なんのために? 描かれるのは「1億円の女」の行末ではなく、なぜ「1億円の女」がその行動に走ったかだ。

 青池透子は、銃で撃たれて重傷を負っていた。それでも彼女は病院へは向かわず、逃げ続ける。流れる赤い血液。押し寄せる痛み。上がる呼吸……逃げる青池透子の様子を文字にしてみると、まるで出産をしているかのようだ。多くの犠牲と引き換えに集まった汚いお金。どこにいっても搾取される側になってしまう弱い自分。この命がけで作った1億を、キレイで価値あるものに産み落とすことができたら……。青池透子は自分で自分の人生を受け入れられると考えたのかもしれない。

 「賭けてみる、一度も勝ったことないけど」その青池透子の言葉に、第3話で語られた“人によって人生の障害の数が異なる”という話を思い出す。いろんな考え方があるとは思うが、個人的には生まれる環境を選べた覚えがない。国も、性別も、身体的特徴も、そして時代も……世の中にはその生まれたスタートラインの段階で、理不尽な状況を避けられない人がいる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる