山下健二郎が語る、三代目JSBの絆と今後の夢 「こんな状況だからこそエンターテインメントを」

山下健二郎が語る、三代目JSBの絆と今後の夢 「こんな状況だからこそエンターテインメントを」

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして、『HiGH&LOW』シリーズ、『漫画みたいにいかない。』(日本テレビ系)などの役者として、多岐にわたる活躍を続ける山下健二郎。そんな山下の主演映画『八王子ゾンビーズ』が、7月17日より公開される。

 2018年8月にTBS赤坂ACTシアターにて上演された同名舞台の映画化となる本作は、オーディションに落ち続け、ダンサーになる夢を諦めた主人公・羽吹(山下健二郎)が、ダンスをしないと成仏できない8人のゾンビ集団と出会ったことで、再び自身と向き合い成長していく姿を描く。

山下健二郎がレコメンド【リアルサウンド ONE of Recommend】

 「『八王子ゾンビーズ』は青春だった」と語る山下は本作を通して何を得たのか。作品に込めた思い、自粛期間中に感じた三代目 J SOUL BROTHERSとの絆まで、じっくりと語ってもらった。(編集部)【インタビューの最後にはチェキプレゼントあり】

『八王子ゾンビーズ』には“青春”が詰まっている

――『八王子ゾンビーズ』で山下さんが演じた羽吹という役は、普段の山下さんらしい感じがしました。

山下健二郎(以下、山下):仰る通りです。何回もオーディション受けては落ちて……。たくさん挫折して、でも周りの人に助けてもらって夢を叶えるというのは、昔の自分を見ている気がしました。役作りも難しくなかったというと語弊がありますが、スッと入ってくるものがありました。

――映画では、希望寺で修業体験をすることが第一歩でしたが、山下さんの第一歩は?

山下:僕は出会った人に恵まれたなと思っています。最初のきっかけは、僕にとってのダンスの師匠が、EXILEのライブのバックダンサーを集めていて、それをきっかけに2007年のEXILEのライブのバックダンサーに参加することができました。そこで僕の夢が「EXILEになりたい」というところに向いて、そこからいろんなオーディションを受けて、ときには挫折も失敗もしたけど、いろんな人に助けられて今がある感じです。

――いろんなオーディションを受けたんですか。

山下:いっぱい受けました。唯一受かったのが劇団EXILEで、それを機会に東京に出てきました。それがなかったら、今はなかったですね。

――ちなみに、HIROさんに初めて会ったのはどんなときでしたか?

山下:僕が初めて直接お会いしたのは、2007年のEXILE『EVOLUTION』ツアーのバックダンサーをしていたときで、HIROさんが僕らの楽屋に挨拶に来てくれました。僕らみたいなバックダンサーにも自ら挨拶してくれるのを見て、本当にこういう人になりたいって素直に憧れたし、今もその気持ちはかわらないですね。HIROさんの元でアーティスト活動ができているのは、本当に心から幸せです。

――『八王子ゾンビーズ』の話に戻りますが、舞台の上演の頃に、この作品を観て「青春を感じてほしい」と言われていましたが、実際、舞台や映像作品をやってみて、山下さん自身も青春を感じましたか?

山下:本当に青春しまくりでしたよ。舞台の稽古中も部活をやってるような感じでしたし、稽古が終わったらみんなでご飯にも行って。その稽古期間中に、墨田川の花火大会があったんです。稽古場はスカイツリーが目の前に見えるところだったので、そこからみんなで花火を眺めたのも良い思い出ですね。その後も、小澤雄太の誕生日を祝ったり、RIKACOさんのホームパーティーに共演者で呼んでもらったり。そんなことを通じて、『八王子ゾンビーズ』キャストたちとの絆も深まったし、今も仲がいいです。

――映画の中でのゾンビーズの皆さんとの掛け合いもすごく面白くて、息の合ったところが見えました。

山下:ああいうアドリブに関しては、舞台の時点で完成してました。最初のうちは苦労したんです。共演のみんなが、舞台の経験が多いし、ポテンシャルが高くて、いろんなアドリブを出してくるので(笑)。でも、そこに対して、突っ込むということに徹したので、だんだんと僕も皆もアドリブの引き出しも増えてきました。そういうやりとりを見て、監督の(鈴木)おさむさんも、積極的にアドリブを入れようという風にしてくれて。だから、映画の撮影のときには、すでに僕らのコミュニケーションも取れていたし、メンバーもそれまでとほぼ変わっていなかったので、いきなりトップギアでいけたんです。

――例えば、山下さんが主演の映画『DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW』でも、テッツ役の佐藤寛太さん、チハル役の佐藤大樹さんとこうした掛け合いがありましたよね。演じ方に違いはありましたか?

山下:『DTC』のほうは、アドリブというよりも、段取りを細かくつけていたかもしれないです。セリフは決まっていて、その間やテンポを大事にしていたので、突っ込むタイミングも、ノリさん(平沼紀久監督)が、コミュニケーションをとって、作り上げてくれました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる