山下健二郎、『DTC -湯けむり純情篇-』イベントで“トリオの先輩”上島竜兵とキス芸に挑戦

山下健二郎、『DTC -湯けむり純情篇-』イベントで“トリオの先輩”上島竜兵とキス芸に挑戦

 9月10日、東京ユナイテッド・シネマ豊洲にて、映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開直前イベントが行われた。

 9月28日より3週間限定で公開される本作は、EXILE HIROがプロデュースを手掛けた総合エンタメプロジェクト『HiGH&LOW』のスピンオフ作品。山王連合会のダン(山下健二郎/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、テッツ(佐藤寛太/劇団EXILE)、チハル(佐藤大樹/EXILE / FANTASTICS)の3人組・通称:DTCが主役となり、バイク旅で奇跡の連続を巻き起こす“純情”ムービーだ。DTCの3人のほか、ヤマト(鈴木伸之)など馴染みのメンバー、そして新たな豪華出演者も揃う、『HiGH&LOW』ファン必見作だ。

左から佐藤大樹、山下健二郎、佐藤寛太

 イベントには、山下、寛太、大樹の3人が登壇した。ファンの歓声のなか登場した3人は、まずは挨拶。DTCのリーダー・ダン役を演じる山下は「夢が叶いました。DTCというグループができた時に、大きな目標を持ったほうがいい、DTCを育てていこうと話していました。最終目標は映画で、と最初の頃から話していて。協力してくれる人も増えて、いざ今回映画というひとつの形になって感動しましたし、夢が叶うということを実感しました」と語った。本作の実現のために、山下がプロデューサーであるHIROに直談判したことなども明かされ、その後スピーディーに映画完成に向かって進んでいったという。『HiGH&LOW』の醍醐味であったアクションを封印したことに対しては「かっこよくて強いやつの時代はもう終わり」「面白くて笑いをとれるやつの時代がきた」などと話し、3人は和気あいあいと息ぴったりの様子を見せながら、イベントは進んでいった。

ダチョウ倶楽部

 ここで、「3人のゆかりのある人が会場にきている」というMCの紹介から、ダチョウ倶楽部がサプライズで登場。DTCと同じ“トリオ”として、芸能界の先輩と共演することとなった。6人が揃うと早々に、上島竜兵の持ちネタである“口論からキスで仲直り”も、山下を交えて行われ、会場は大盛り上がり。山下も「めっちゃ唇やわらかい」などと感想を述べると、上島は「明日からほされるってことない?」と、冗談交じりに答えた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 6人は「一番強い絆で結ばれているのはどっち?」という企画に挑戦。企画は、DTCとダチョウ倶楽部がそれぞれのチームに分かれて、ひとつのお題に3人が同じ回答をできたら成功というもの。まず「この夏3人で過ごした一番の思い出」というお題には、DTCは3人揃って「高知の旅」と回答。本作の撮影は通いで行われたため、温泉にも入れず旅館に泊まることもできなかったという。それを悔いていた3人は、後日ロケ企画で高知に2日間の旅に出た。一方のダチョウ倶楽部も、3人ともが志村けんの舞台と答え、第1回戦は引き分けに。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 続く第2回戦のお題は「リーダーの純情な一面」。DTCのリーダー・山下の純情な一面を大樹は「DTCのグループLINE」、寛太は「ウラオモテなし!」と答えた。一方で、山下は自身の「バス釣り愛」が純情だと回答。この答えには、「バスのことしか考えていない!」と、山下が責められる結果に。このお題には、ダチョウ倶楽部も失敗し、最終問題へ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ