木村文乃×門脇麦×川口春奈、物語を引っ張る存在に 『麒麟がくる』3人のヒロインを追う

木村文乃×門脇麦×川口春奈、物語を引っ張る存在に 『麒麟がくる』3人のヒロインを追う

 木村文乃演じる煕子、門脇麦演じる駒、川口春奈演じる帰蝶の3人のヒロインが活躍する、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』。当初は長谷川博己演じる明智光秀(十兵衛)との恋の行方が気になる3人であったが、煕子は光秀の妻になり、織田信長(染谷将太)の正室となった帰蝶は信長以上に頼りになると話題に。そして光秀との正室路線もありそうだった駒は、光秀以外の誰とくっつくのか予想も立ち始めるなど、それぞれの位置付けも定まったことで、物語も動き始めた。

 タイトルにもある麒麟の到来を夢見るお駒は、光秀に叶わぬ恋を抱く戦災孤児。各地の戦国大名と不思議な関係を持つ医者・望月東庵(堺正章)から薬草の知識を学び、助手として活躍。医療と庶民の目線で光秀を支えていく。駒はドラマオリジナルキャラで、駒の恋心に気づかない鈍感さなど、光秀がいかに人間味のある人物かを伝える役割を担っている。

 光秀の結婚後、駒の前には後の豊臣秀吉となる藤吉郎(佐々木蔵之介)、後の徳川家康となる竹千代こと松平元信(池田優斗)が。失恋のどん底である駒を通して、光秀界隈以外の戦国時代の動きを見せていくのだろう。この2人は光秀を本能寺の変に向かわせる重要な人物なだけに、駒がどう引き合わせるのか。そして医療で人を救う立場となる駒が、どう光秀を支えていくのか。でも、最後に謎の人物・菊丸(岡村隆史)と結ばれてほしい気もするが果たして。

 今作の真のヒロインと呼び声も高い帰蝶(濃姫)は、斎藤道三(本木雅弘)の娘で、父親譲りの気丈さと才知に溢れ、信長に愛された。光秀とは姻戚関係だが、幼なじみ以上恋人未満の甘酸っぱく儚い間柄。いつも気丈に振る舞う帰蝶が、敵対関係にある織田信秀(高橋克典)の和睦のために、光秀への思いを封印し覚悟を決める。自分の意志を捨て、国のため、そして自分の尊厳を守るために虚勢を張り続ける帰蝶の気丈さが、実に健気だ。

 信長の正室になってからの帰蝶の敏腕ぶりは、信長以上に頼りになる。余命わずかな父・信秀が、重要拠点の末盛城を信長の弟・信勝(木村了)に委ねると聞いて失望する信長を見て、帰蝶は織田を継ぐのはどちらの子がふさわしいかを聞きに行き、「帰蝶、信長をよろしく頼むぞ」と言われるも、信長には「最後にこう仰せられました。尾張を任せる。強くなれ」という言葉を伝え、帰蝶の機転で信長をやる気にさせる。また、信秀にはみたらし団子で誘惑するなど、攻撃も辞さない。最近の大河では、2014年の『軍師官兵衛』で内田有紀が濃姫を演じ、破天荒な信長をとことん愛し信じ抜くという、健気な女性を演じていたが、川口演じる帰蝶は実に戦略的で、夫をトップに仕立てようと覚悟を決めた妻の強さを感じる。

 ここから本能寺の変という、最愛だった光秀を敵に回す関係にどう発展していくのか。信長に嫁いだ断腸の思いがあれば、誰であろうが敵に回す覚悟があるのが帰蝶だろうが、未だ謎が多い人物なだけに、三角関係の成れの果てという新解釈が出てきても面白い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる