佐々木蔵之介、長谷川博己、安田顕、滝藤賢一ら、男女共に魅了する“イケオジ”俳優の魅力

佐々木蔵之介、長谷川博己、安田顕、滝藤賢一ら、男女共に魅了する“イケオジ”俳優の魅力

 いつの時代も、大人の魅力で包み込む年上の男性に惹かれる人は多い。恋愛対象として魅力的と感じる人もいれば、先輩や上司にしたいとリスペクトを込めた想いを向ける人もいる。特に40代以上の男性が好きな女性は“枯れ専”などと呼ばれ、度々恋愛コラムで取り上げられることもあった。一方で、男性の方もいくつになっても輝きを忘れない“イケオジ”などと呼ばれる熟年の男性も増えている。メンズ向けのファッション雑誌『LEON』(主婦と生活社)は、お洒落な熟年の男性のイメージの先駆けと言えるだろう。大人の男性像に憧れる男性も少なくない。そんな男女共に魅了する“イケオジ”は、芸能界でも様々なドラマで活躍している。今回は正統派と個性派に分けてその魅力を徹底分析したい。

ルックス・信頼・包容力の3拍子 佐々木蔵之介

佐々木蔵之介『知らなくていいコト』(c)日本テレビ

 佐々木は現在、『知らなくていいコト』(日本テレビ系)で男前な編集長・岩谷進を演じている。部下から熱い信頼を得ている週刊イースト編集長の岩谷は、主人公のケイト(吉高由里子)の仕事ぶりに対してもしっかり背中を押す姿が印象的だ。佐々木は男らしくも、ふいに優しい表情を見せ、頼り甲斐のある上司を演じている。過去には『黄昏流星群』(フジテレビ系)でちょっとビターな大人の純愛を見せるなど熟年男性の魅力を存分に披露していた。さらに、『麒麟がくる』(NHK総合)でも後の豊臣秀吉こと木下藤吉郎という重要な役を演じることが決まっており、まだまだその勢いはとどまることを知らない。

天真爛漫な爽やかさ 長谷川博己

『麒麟がくる』(提供=NHK総合)

 高身長、小顔、爽やかなルックスの長谷川は、『麒麟がくる』ではチャーミングな魅力のある明智光秀を演じている。鉄砲に目を輝かせる姿と対照的な戦でのキリッとした立ち回りは必見。今までの光秀像を刷新しつつも、どこか危険な色香漂う姿が魅力だろう。比較的遅咲きだった長谷川だが、40代以降はNHKの朝ドラ『まんぷく』でヒロイン福子(安藤サクラ)の夫・萬平を演じ、2020年大河ドラマで主演と、さらに輝きを増している。「チャオ!」のセリフが人気を博した『MOZU』(TBS系)の東和夫役は未だ根強いファンがいることも忘れてはいけない。まさにイケオジとして咲き誇る俳優だろう。

ユニークさで勝負する個性派・安田顕

安田顕『アリバイ崩し承ります』(c)テレビ朝日

 『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)でプライド高きキャリア刑事を演じる安田顕。はっきりとした目鼻立ちが際立つ豊かな表情で濃厚な芝居を見せる安田は、本作でプライドの高いキャリア刑事・察時美幸を演じる。安田はもともと北海道で演劇ユニットTEAM NACSを組んでおり、北海道テレビのバラエティ番組『水曜どうでしょう』(HTB)で知名度を獲得した異色の経歴を持つ。その経歴が映えるコメディータッチの演技から、ちょっと個性的な役までカバーできるのが安田の魅力だ。俳優だけでなく、タレントとしてバラエティーでも活躍している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる