『HOKUSAI』場面写真&特報映像公開 柳楽優弥と田中泯が2世代の葛飾北斎を演じ分ける

『HOKUSAI』場面写真&特報映像公開 柳楽優弥と田中泯が2世代の葛飾北斎を演じ分ける

 葛飾北斎の半生を描く映画『HOKUSAI』の公開日が5月29日に決定し、場面写真と特報映像が公開された。

 本作は、19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、ゴッホ、モネ、ドガなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人・葛飾北斎の半生を映画化した人間ドラマ。葛飾北斎生誕260周年の節目に、知られざるその半生が描かれる。

 北斎の青年期を柳楽優弥、老年期を田中泯が演じるほか、永山瑛太、玉木宏、阿部寛らがキャストに名を連ねる。監督は、『探偵はBARにいる』シリーズなどの橋本一が務めた。

映画『HOKUSAI』特報映像

 特報映像は、葛飾北斎の代表作である「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」がダイナミックにうねるアニメーションで幕が明ける。続いて「北極星にちなんでつけたんだ。たったひとつ決して動かねえ星だ」と自らの名前の由来を稀代の版元(プロデューサー)・蔦屋重三郎(阿部寛)にまっすぐなまなざしで語る、柳楽演じる青年期、そして「勝負してえんだ、世の中とよ」と老いてもなおさらなる高みを目指し、目をギラつかせる田中演じる老年期と、二つの時代の北斎が捉えられている。

 あわせて公開された場面写真には、若かりし頃から晩年まで変わることなく、飽くなき向上心のままに一心不乱に作品づくりに没頭する青年期と老年期の北斎や、若き北斎と対峙し、のちにその才能を見出す蔦屋、妖艶なまなざしで花魁を描こうとする美人画の大家・歌麿(玉木宏)、種彦(永山瑛太)の書いた書物に目を落とし、言葉を交わしている様子の老年期・北斎と種彦の姿などが捉えられている。

 また、葛飾北斎生誕260周年を記念して「HOKUSAI2020プロジェクト」も始動。公式Instagramでは、「冨嶽三十六景フォトコンテスト」が開催されているほか、『HOKUSAI NOTE』(STARDUST HD.刊)が2月27日に発売決定。北斎の“人物像”に、彼の残した作品や時代背景から迫るほか、生涯90回以上も引っ越しをしたという逸話も残っており、東京・墨田区をはじめ、長野・小布施や神奈川・葉山や逗子、千葉・房総など、北斎ゆかりの地も紹介。葛飾北斎の作品を楽しめる美術館や浮世絵ができるまでの制作レポート、北斎をリスペクトする現代アーティストのインタビューページなど、盛りだくさんの内容となっている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■書誌情報
葛飾北斎を知る・体験する入門書『HOKUSAI NOTE』
監修:安村敏信
発売日:2月27日(木)
価格:1,364円(税別)
ページ数:96ページ
発行:STARDUST HD.
発売:SDP
公式サイト:http://www.stardustpictures.co.jp/book/2020/hokusainote.html

■公開情報
『HOKUSAI』
5月29日(金)全国ロードショー
出演:柳楽優弥、田中泯、玉木宏、瀧本美織、津田寛治、青木崇高、辻󠄀本祐樹、浦上晟周、芋生悠、河原れん、城桧吏、永山瑛太、阿部寛 
監督:橋本一
企画・脚本:河原れん
配給:S・D・P
(c)2020 HOKUSAI MOVIE
公式サイト:www.hokusai2020.com
公式SNS:@hokusai2020

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる