『Love Letter』と『ラストレター』ーー豊川悦司と中山美穂が見せた、“運命”の美しさ・残酷さ

『Love Letter』と『ラストレター』ーー豊川悦司と中山美穂が見せた、“運命”の美しさ・残酷さ

 「お元気ですかー?」

 中山美穂演じる渡辺博子が、広大な雪原でそう声を振り絞った『Love Letter』(1995)から25年。あのとき彼女が必死に叫び声を向けたのは、もうこの世にはいない、かつての恋人にであった。最愛の人の死を乗り越えるというのは、想像もつかないほどの苦しみをともなうものなのだろう。そんな“運命”をたどる彼女のそばにいたのが豊川悦司演じる秋葉茂で、やがて迎える爽やかなラストは、この二人が新しい一歩を踏み出していきそうな予感に満ちていた。

 同作の監督である岩井俊二による最新作『ラストレター』もまた、ある“運命”を描いた作品だが、それは必ずしも幸福なものだけではないことを観る者に訴えかけてくる。その事実を強く示すためにも、本作でふたたび登場する豊川&中山コンビは、重要な任を負っているように思えるのだ。

 「文通」を物語の核に、男女の恋模様を描いたのが『Love Letter』だが、本作『ラストレター』もまた、「文通」によって恋模様を浮かび上がらせている。タイトルに「レター」と入っているのだから、おのずと想像はつくだろう。前者では、恋人の死から立ち直れずにいるヒロイン・博子(中山)が、彼がかつて住んでいたのであろう住所宛てに手紙をしたためたところから物語が展開。その手紙は、恋人と同姓同名の女性・藤井樹(中山による“二役”)のもとに届けられ、勘違いからの文通がはじまることによって、二人は若き日の少年・藤井樹(柏原崇)に思いを馳せることになったのだ。後者『ラストレター』もまた、想い人への気持ちを断ち切れないでいる者たちの文通を核に、彼らも若き日の眩しかった青春時代に思いを馳せる。ビター&スウィートな、“あの頃”の気持ちがよみがえってくるのだ。

 両作に共通しているのは、やはり“運命”というものの持つ、美しさと残酷さが挙げられるだろう。勘違いの文通による、繋がることのなかった者同士、そして過去と現在のめぐりあいは運命的でロマンチックですらあるが、『Love Letter』では博子の婚約者が雪山で遭難死し、数年経ても彼女はその喪失感から解き放たれずにいる。他方『ラストレター』では、恋い焦がれた初恋相手との再会を夢見る小説家・乙坂鏡史郎(福山雅治)の知らぬところで、その相手もまた不幸な死を遂げているのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ