上白石萌歌「何か新しい顔を見せたい」 同世代からの刺激を受けて立つ、次の舞台

上白石萌歌「何か新しい顔を見せたい」 同世代からの刺激を受けて立つ、次の舞台

 リアルサウンド映画部では、2020年新春特別企画として、連日に渡り、今注目したい俳優たちのインタビューをお届け。今回は、昨年、『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』(日本テレビ系、以下『3年A組』)、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、以下『いだてん』)に出演し、インパクトを残した上白石萌歌。

 トーク番組『A-Studio』(TBS系)の11代目サブMCに就任から、「adieu」名義での音楽活動を本格スタートなど、昨年は役者以外の新しいフィールドでの挑戦もあったという上白石。今年は、本日1月2日放送の『義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル』(TBS系)への出演を皮切りに、映画やドラマの出演がすでにいくつも発表されている。

 そして、上白石が昨年から思いを温めてきたのが、江戸川乱歩の『お勢登場』を原案にした倉持裕の作・演出による舞台『お勢、断行』だ。上白石が演じるのは、とある資産家の“娘”役で、大人たちの狡猾な思惑が錯綜する中、彼女もまたその渦の中に飲み込まれていく。インタビュー当時は、稽古開始まではまだ時間があり、脚本も上がっていない時期ながらも、かねてより“倉持ファン”であった上白石の本作への意気込み、そして上演初日2月28日に運命的にも二十歳を迎える彼女の現在の心境について話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

2019年は時間の流れが今まで生きてきた中で一番短い


ーー昨年は『3年A組 』だけでなく、大河ドラマ『いだてん』の前畑秀子役、『A-Studio』でサブMCを務めている姿も印象的でした。

上白石萌歌(以下、上白石):2019年は時間の流れが今まで生きてきた中で一番短くて、毎日が風のように走り去っていく感覚でした。その中でも、作品だったり、役からもらうものがすごく多くて、二十歳を迎える前の最後の一年の、良い蓄えの時期になっていると感じています。

ーー振り返ってみると、お姉さんの上白石萌音さんと姉妹共演された『羊と鋼の森』や『3D彼女 リアルガール』など、去年から映像のお仕事が一気に増えてきた印象です。

上白石:最近は映像中心にやらせていただいていて、今回の舞台が2年弱ぶりになります。それまで舞台は、1年に1本ペースくらいでコンスタントにやってきました。『3年A組』や『いだてん』など、映像作品で私を知ってくださった私と同世代の方にこそ、舞台という芸術作品に触れて欲しいという思いがあります。

ーー上白石さんの活動を多くの方に知ってもらうという意味では、バラエティ番組に出ているというのも大きそうです。

上白石:バラエティ番組は、お芝居をするのとはまた難しさが全然違います。なので、インタビューで聞き手をされていること、すごく尊敬しています。下調べも大変だと思いますし、聞き役に回ることで、その苦労が分かった気がします。自分自身も変わってきそうです。アシスタントを始めて半年くらいになるんですけど、色んなジャンルのステキな方に出会わせていただいて、そこで聞くお話が、何物にも代えがたい財産になっています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる