伊藤沙莉、『映像研には手を出すな!』声芝居の難しさを語る 「普段のお芝居は引き算」

伊藤沙莉、『映像研には手を出すな!』声芝居の難しさを語る 「普段のお芝居は引き算」

 2020年1月5日より放送開始されるTVアニメ『映像研には手を出すな!』の制作発表記者会見が東京・NHKセンターにて行われ、湯浅政明監督、伊藤沙莉、田村睦心、松岡美里が登壇した。

 原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の青春冒険譚を描いた人気コミック。映画『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー国際アニメーション映画祭のグランプリを受賞し、今年『きみと、波にのれたら』が公開された湯浅政明が監督を務める。

湯浅政明監督

 湯浅監督は、「NHKでもアニメの制作を描いたドラマがありましたけど、アニメを作っていく作業は外から見たらわからなくて、それが大変だけど本当は楽しいんだというところを感じてもらえるといいなと思っています」と挨拶。

 TVアニメは5年ぶりとなる湯浅監督は、「原作もたくさんのファンがいらっしゃいますし、テレビは簡単に見れるので、たくさんの人に見ていただけるんじゃないかなという気はしています」と自信をのぞかせる。漫画原作である本作をアニメ化するにあたって「『漫画でアニメを作る話』を『アニメでアニメを作る話』にするのは難しいと思っていて、いろいろ苦労しています。漫画は行間があるので、そこに何があるのか探りながら作っています」と漫画原作ならではの苦労を語る。

 作品ごとに独創的な表現が特徴の湯浅監督だが、「いつも映像研の3人と同じように楽しみながらアニメーションを作りたいと考えていますし、アニメーションは大概のことが表現できると思っています。それが、浅草たちが想像していたものができていく醍醐味とつながっていると思います」と明かした。

伊藤沙莉

 主人公の1人で「アニメは設定が命」を信条とする浅草みどりを演じるのは、今年『これは経費で落ちません!』(NHK総合)をはじめ様々な作品に出演した伊藤沙莉。本作がTVアニメの声優初挑戦となる。伊藤は、「毎週声を録る度にすごく熱い気持ちになっていて、心から楽しいと思いながらやっています。浅草、金森、水崎の熱い気持ちと、作っている人たちの熱い気持ちが届くといいなと思います」と作品に交えコメント。

 本作は、女子高生がアニメーション制作にのめり込んでいく姿を描くもの。作品にちなみ今夢中になっているものを聞かれると伊藤は、「昔から浅草みたいに、想像で最強の家を考えるのが大好きで。小学生の時もモデルルームを外から眺めたり、大工さんに『どんな家を作るんですか?』と聞いていた幼少期だったので、いまだに家が大好きで、家の構造をインスタで検索して、自分の最強の家を頭の中で作り出すというのをやっています」と意外な趣味を明かした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ