『警視庁・捜査一課長』は“お約束の展開”がたまらない!? テレ朝刑事ドラマファン必見のキャスティングも

『警視庁・捜査一課長』は“お約束の展開”がたまらない!? テレ朝刑事ドラマファン必見のキャスティングも

「必ず、ホシを挙げる!」

 主人公の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)による決めゼリフが印象的な刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長 スペシャル』が12月15日に放送される。

 『警視庁・捜査一課長』シリーズは、2012年に『土曜ワイド劇場』で第1弾が放送されて以降、2016年から2018年にかけて毎年4月開始の「木曜ミステリー」枠の連続ドラマとしてシーズン3まで放送されるなど、人気シリーズとして定着した。2019年は連続ドラマとしての放送はないものの、4月から10月までの間にスペシャルドラマが計4作放送されており、15日の放送で今年5作目となる。更に、年明けてすぐの1月3日にも正月スペシャルドラマが放送されることが決まっているなど、異例とも言える絶好調ぶりだ。刑事ドラマを多く生み出しているテレビ朝日系において、なぜこの作品が人気シリーズとなったのか。その魅力を探ってみた。

 刑事ドラマといえば、ミステリー調のちょっと重たい空気が流れることがほとんどだが、このドラマの空気は少し異なっている。その理由は、随所に見える「遊び心」にある。例えば、大岩はこれまで部下の女性刑事たちに「大福」「羊羹」「スムージー」など食べ物にまつわるニックネームをつけており、15日の放送ではこれまでも何度か登場している高井智代子(宮崎美子)が再び登場するが、彼女は大岩からは「チョコ」と呼ばれている。

 ゲストキャラクターの役名も強烈だ。これまで2回ほど登場している、土屋伸之演じる刑事・谷保健作(やほけんさく)は、大岩の公用車運転担当刑事・奥野親道役でレギュラー出演している塙宣之との漫才コンビ・ナイツの漫才ネタから来ているし、10月のスペシャルに出演した、レスリング選手の浜口京子の役名は木相田蓮子(きあいだれんこ)、15日の放送で登場する堀家一希演じる、平均点しか取れない新人刑事の名前は平野啓司(ひらのけいじ=ヒラの刑事)、など思わずクスリと笑ってしまうギャグを役名に盛り込んでいる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる