>  >  > 『緊急取調室』『特捜9』テレ朝刑事ドラマ代表作へ?

『緊急取調室』『特捜9』が視聴率好調! 「テレ朝刑事ドラマ」を代表するシリーズへ成長するか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、2019年民放春ドラマ中間平均視聴率ランキングが発表された(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。1位は『緊急取調室』、2位は『特捜9 season2』、3位は『科捜研の女』と、テレ朝刑事ドラマがトップ3を独占。「刑事ドラマといえばテレ朝」という視聴者の印象が数字となって表れる結果となった。

 3位の『科捜研の女』は1999年10月からスタートした沢口靖子主演の長寿ドラマで、今年はシリーズ20周年を記念して4月から1年間放送される。一方、1位の『緊急取調室』は天海祐希が主演で、2014年1月からスタートして今回が3シーズン目と比較的新しいドラマだ。2位の『特捜9』は、2006年4月から放送された渡瀬恒彦主演の『警視庁捜査一課9係』を前身とし、その続編として昨年4月からタイトルを変え、井ノ原快彦主演ドラマとして再スタートし、今回が2シーズン目となる。

 今クールの放送が続く中、次シーズン以降のことを考えるのは性急かもしれないが、視聴率1位、2位と高い人気を誇る『緊急取調室』と『特捜9』は果たして今後もシーズンを重ねていき、いずれ『科捜研の女』のような長寿シリーズと成り得るのだろうか?

『緊急取調室』

 『緊急取調室』は、主演の天海をはじめ、物語のメインとなる“キントリ” (緊急事案対応取調班)のメンバーに田中哲司、でんでん、小日向文世といったベテラン俳優を揃え、ゲスト俳優も彼らと十分渡り合えるような実力重視の配役であることがうかがえる。取調室で天海らキントリメンバーと被疑者役の俳優が対決する場面での、迫真の演技バトルは見ごたえ十分だ。

 そんな緊張感あるシーンの一方で、キントリメンバーがよく訪れる居酒屋「しんじ」での一幕など、ふっと和まされるシーンも随所に登場し、特にキントリメンバー間のやり取りは、さりげなさの中にベテラン俳優同士だからこその小気味よさをのぞかせる。視聴者を引き付ける緩急をつけた見事なストーリー運びは、キャストの演技力の高さゆえだ。また、被疑者を厳しく追い詰めていく中にも、天海演じる真壁有希子の優しさがにじむところが、ただハラハラドキドキ面白いだけではなく、温かさも兼ね備えた刑事ドラマとしての輝きを放っている。

『緊急取調室』

      

「『緊急取調室』『特捜9』が視聴率好調! 「テレ朝刑事ドラマ」を代表するシリーズへ成長するか」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版