アンナ・ウォルツの児童文学を映画化 『恐竜が教えてくれたこと』2020年3月公開へ

アンナ・ウォルツの児童文学を映画化 『恐竜が教えてくれたこと』2020年3月公開へ

   アンナ・ウォルツの児童文学『ぼくとテスの秘密の七日間』を映画化した『My Extraordinary Summer with Tess(原題)』が、『恐竜が教えてくれたこと』の邦題で2020年3月上旬に公開されることが決定した。

 オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスに来ていた11歳の少年サム。彼は、「地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな」と悩む、小さな哲学者のような男の子。そんな彼が不思議な魅力に溢れた少女テスと出会う。そんなテスにサムはどんどん魅かれていく。ある日サムは、テスからある重大なことを打ち明けられる。死んだと知らされていたパパを、ママには内緒で島に招待したというのだ。娘がいるなんて知らないパパに、娘の存在をどんな風に知らせるのか。テスとサムの秘密の計画が実行される。

 オランダの児童文学『ぼくとテスの秘密の七日間』を原作に、ひと夏の冒険を経て、人生の宝石を見つけたサムとテス。美しい海とその風景をバックに、繰り広げられる“秘密の計画”は、子供たちだけでなく、多くの大人たちのかけがえのない思い出や記憶を呼び覚まし、生きていくことの豊かさを心に刻んでいく。

 バラエティ誌の「2019年に観るべきヨーロッパの監督10人」に選出されたオランダの新たな才能、ステフェン・ワウテルロウトは本作で長編デビューを飾った。子供たちが家族や大切な人たちと触れ合いながら、目覚ましい成長を遂げていくひと夏の一瞬一瞬を切り取った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『恐竜が教えてくれたこと』
2020年3月上旬より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督:ステフェン・ワウテルロウト
脚本:ラウラ・ファンダイク
原作:アンナ・ウォルツ『ぼくとテスの秘密の七日間』(野坂悦子訳、フレーベル館)
出演:ソンニ・ファンウッテレン、ヨセフィーン・アレンセンほか
配給:彩プロ
後援:オランダ王国大使館
2019年/オランダ/オランダ語・ドイツ語/カラー/84分/英題:My Extraordinary Summer with Tess
(c)2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる