『一度死んでみた』本予告、広瀬すずのライブシーンやデス口調も 劇伴はヒャダインが担当

 2020年3月20日に公開される広瀬すず主演映画『一度死んでみた』より、本予告と本ポスタービジュアルが公開され、あわせて本作の劇伴をヒャダインが担当することが発表された。

 本作は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなど数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を手がけ、au「三太郎」シリーズなど人気CMを手がけるCMディレクターの浜崎慎治が映画初監督を務めたオリジナルコメディ。

 売れないデスメタルバンドでボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、父・計(堤真一)のことが大嫌いな反抗期こじらせ女子。バンドのライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んでしまったとの知らせが。実は「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。ところが、2日後に生き返るはずが、彼をそのまま亡き者にしようという陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下で存在感のなさすぎる松岡(吉沢亮)とともに立ち上がることを決意する。

 広瀬、吉沢亮、堤真一のほか、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太のほか、妻夫木聡、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、古田新太、大友康平、竹中直人、加藤諒、でんでん、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一らが出演する。

『一度死んでみた』本予告

 公開された予告編は、七瀬が、「野畑七瀬、慶明大学薬学部3年デス! 嫌いなものは野畑計、私の父デス!」と癖のあるデス口調で話している象徴的なシーンから始まり、父・計に「臭い~!」と嫌悪の顔で消臭スプレーを思い切り吹きかける姿も。ライブシーンでは、毛先をピンクに染め上げ、デスメタル調のロックな衣装を着て「死んでくれ~!」と父への不満を歌でシャウトする姿も炸裂している。

 本ポスターでは、雲の上で幽霊になった堤と、困り顔の吉沢につかみかかりながら前に乗り出す広瀬の周りに、総勢26名のキャストたちが写り込んでいる。

 また、ヒャダインが映画の劇伴音楽を担当するのは、『海月姫』(2014年)に続き本作が2作目。ヒャダインは「今回超豪華キャストでしかも底抜けに楽しい映画の劇伴を担当、ということでめちゃくちゃ嬉しかったデス! 曲作りにあたっては主軸であるメタルロックを中心に個性あふれるキャラクターごとに曲のジャンルも変え、各人が華やぐようにカラフルな曲を作りました。そして何より広瀬すずさんの歌唱! さいっこうデス!! 魂の叫びデス! 本職のメタラーの知り合いに直伝してもらったヘドバンやライブパフォーマンスもめっちゃかっこいいデス!!! 僕はもう何回もこの映画を観ましたが何回も笑います!みなさんの演技が自由すぎて令和って感じデス!!! 観劇後、みなさんもデスデス言うこと間違いなしデス!! ぜひ観て欲しい……デス!!! 」とコメントを寄せている。

■公開情報
『一度死んでみた』
2020年3月20日(金)ロードショー
出演:広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一(JAXA宇宙飛行士)、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡
監督:浜崎慎治
脚本:澤本嘉光
音楽:ヒャダイン
配給:松竹
製作:松竹、フジテレビジョン
(c)2020 松竹 フジテレビジョン
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/ichidoshindemita
公式Twitter:@shindemitamovie
公式Instagram:@ichidoshindemita

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる