小瀧望が科学で恋愛を証明? 『決してマネしないでください。』は“理系あるある”の宝庫に

 10月26日夜11時30分からスタートする『決してマネしないでください。』(NHK総合)。『だから私は推しました』、『腐女子、うっかりゲイに告る。』など話題作が続くNHK「よるドラ」の最新作が取り上げるのは「科学」だ。と聞くと、天才科学者が事件を解決するサスペンスや、技術の粋を尽くした開発プロジェクトものを思い浮かべてしまうが、本作は大学のキャンパスを舞台に繰り広げられるラブコメディ。小瀧望(ジャニーズWEST)演じる理工学部の学生・掛田理が、学生食堂で働く飯島さん(馬場ふみか)のハートを射止めようと科学の力で挑む物語である。

 原作は蛇蔵による同名のマンガ。自然現象に関心はあるが現実社会とは没交渉で、まじめをこじらせて挙動不審になってしまう理工系男子の生態が描かれている。工科医大で理論物理学を学ぶ主人公の掛田は、興味のあることには時間を忘れて没頭するが、恋愛には無頓着というちょっと変わった大学生。高科教授(石黒賢)の研究室に入り浸る生活を送っていたが、ある出来事をきっかけにこれまで経験したことのない感情=恋に陥る。

 一般的には、そこからめくるめくラブロマンスや、片思いの切ないストーリーが展開するのが普通だが、掛田は、あくまで理系男子らしいアプローチで恋愛現象を解明しようとする。掛田とともに数々の実験に挑むのは、ラウール(Snow Man/ジャニーズJr.)演じるフランスからの帰国子女テレスや、有栖伊音(今井悠貴)らゼミの友人たち。ここに飯島さんも加わって繰り広げられるエピソードが想像の斜め上を行くおもしろさである。

 小瀧は本作で連続ドラマ初主演。近年は『白衣の戦士!』(日本テレビ系)や『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど、フレッシュな存在感を放っている。『決してマネしないでください。』では、端正なルックスと真逆のナードなキャラクターを熱演。いきいきとしたキャラクター造形の核にあるのは、登場人物の「キモかわいさ」だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ