NHKよるドラ最新作では、小瀧望が“キモカワ系”男子に? ラウール「(小瀧は)可愛いお兄ちゃん」

NHKよるドラ最新作では、小瀧望が“キモカワ系”男子に? ラウール「(小瀧は)可愛いお兄ちゃん」

 「僕と貴女の収束性と総和可能性を、iで解析しませんか?」

 科学で恋は成立するか? そんな仮説を検証するドラマ、『決してマネしないでください。』(NHK総合)の第1回試写会が10月21日都内で行われ、主演の小瀧望(ジャニーズWEST)、馬場ふみか、ラウール(Snow Man/ジャニーズJr.)が同作の見どころを語った。

 谷口卓敬制作統括は、「かなりこだわらせていただいております。とがっていると同時に温かみがあり、悪い人が出てこない内容で、土曜日の夜にほっこりしていただけるはず」と納得の表情。八木亜未プロデューサー(大映テレビ)はドラマのコンセプトについて、「とにかくとがることを意識し、良い意味で見たことがない変なドラマにするために、キャストのみなさんには全力でバカをやってくれるようにお願いしました。“キモかわ”というキーワードは、最初は“ブサかわ”と言っていたのが、やっているうちに変わってこうなりました」とのこと。「犬で言うとパブやフレンチブルのイメージ」と説明した。

小瀧望

 主人公の大学生・掛田理を演じた小瀧は、「本読みのときに『このドラマは、キモかわいく演じてほしい』と言われ、なにぶんジャニーズということもあって『キモくいけるかな』と思いましたが、第1回を見たら見事にハマっていました。とがっているんですけど、とがりすぎている分、刺さる人には深く刺さると思います。初主演作品でこんなに振り切ったラブコメディをやるとは思っていなくて、現場で皆とディスカッションしながら楽しく演じられたと思います」と撮影を振り返った。ドラマの見どころについては、「偉人が出てくるところ。第1回でも3役ほどやらせていただいたのですが、今後、僕以外にも出てくるかもしれないので、楽しんで見てもらえたら」と話した。

馬場ふみか

 馬場ふみかは、自身が演じる飯島さんという役について、「他のみなさんの個性が強すぎるので、一見普通の人のように思うけど、実はとても天然でけっこう変わった人」と分析。「飯島さんと同じように、実験シーンは私自身も一視聴者の目線で楽しんでいます。子供から大人まで楽しんでいただける作品」と語った。

ラウール

 掛田と同じゼミに所属する帰国子女・テレス役のラウールは、第1回の感想を「『ふだんこんなにキラキラしている小瀧くんや、こんなに美人な馬場さんがここまでイモっぽくなるとは』と肌で感じ、おもしろかった。このキモかわいさが僕はぐっと来たので、ハマる人にはハマるのかなとすごく楽しみ」と共演者目線でアピール。「現場では温かさがにじみ出ていて、撮影はすごく楽しかったです」と語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ