『あなたの番です』Pが語る、配役の狙いと最終回に向けて 「今後は謎が解けていくような死に方」

『あなたの番です』Pが語る、配役の狙いと最終回に向けて 「今後は謎が解けていくような死に方」

 特に話題となったのが、第13話(7月14日放送)の華麗なアクションシーン。横浜流星は、実は元空手の世界チャンピオンという経歴を持っており、その特技を生かしたシーンが取り入れられたのだ。

「オファーの時から空手シーンを想定したわけではなく、バディである翔太がピンチになるということで『横浜さん、空手世界チャンピオンですよね。やってみませんか?』と。実際、あれほどキレのいいアクション、見たことがないというくらいでした。アクション監督もあまりの動きの速さに焦って、『速すぎるから! もうちょっとゆっくり!』と毎回言われるくらいのスピード感(笑)。もちろん台本の流れは決まっているので、『ここで腕を払ってナイフを飛ばす』など事前に決め込んだ部分もありますが、『決め技は、いちばん得意なやつで行きましょう』と、ご本人にお任せした部分もあります。

 二階堂はAIの勉強をしていて、においに敏感だったり実は格闘技もできたりと持っているスペックは高いのですが、人としては欠けている部分もある男の子です。それが、翔太に関わって、黒島(西野七瀬)に恋をすることで、どう人として成長して変化していくのか、見てほしいですね。これからもずっと翔太と仲良しバディでいるかというと、そうでもない局面も訪れるかもしれないので、二階堂にも注目していただければと思います」

 先週8月4日放送の前話のラストでは、事件に関わっていた刑事の神谷(浅香航大)がこめかみや手足にビスを打たれて死んでいるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。今後の展開については、鈴間氏は以下のようにヒントを明かしてくれた。

「これ以降も人は死にます。ただ、新たな謎が出るような死に方ではなく、謎が解けていくような死に方ですね。いよいよ終盤戦ではありますが、意外と説明しなきゃいけないことがたくさん残りつつ、ギリギリまでは引っ張りたいと思っています。一方で、犯人ではない人たちも謎を抱えているので、それをどこまで説明するかが難しくて。説明を入れすぎてしまうと、その人が怪しくなくなってしまって、犯人が絞られてくる。正直、私たちが想定もしなかった様々な説が生まれてきているので、そこに対して全部否定の説明をしきれるかはわかりませんが、こちらが提示した謎は全力で100パーセント解けるようにしたいと思っています」

 次回予告では、住人たちが隠している秘密が明らかになり、また黒島のストーカーが登場、そして「笑う遺体」の犯人特定の予感が漂うが、果たしてどうなるだろうか。これまでに張り巡らせた謎がどのように解き明かされていくのか、ラストまで見逃せない。

(取材・文=若田悠希)

■放送情報
日曜ドラマ『あなたの番です-反撃編-』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30~放送中
企画・原案:秋元康
脚本:福原充則
演出:佐久間紀佳ほか
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則
制作協力 :トータルメディアコミュニケーション
製作著作 :日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/anaban/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる