>  >  > 『なつぞら』中川大志「君の愛ってなんですか!」

中川大志「君の愛ってなんですか!」 『なつぞら』で突き詰める“愛”とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『なつぞら』(NHK総合)第16週の初日。なつ(広瀬すず)たちの恋の予感と夕見子(福地桃子)の上京から漂う不穏な空気を感じさせる回となった。

 なつたちの漫画映画づくりが佳境に入る中、夕見子が突然、北海道から上京してきた。なつは夕見子を心配するが、夕見子は「私のことより北海道の家族が心配だから、私が望まないことするんだべさ」とムスッとした表情で返す。だが、そんな2人の様子を見て麻子(貫地谷しほり)が「何でも言い合える仲なのね。本当の姉妹みたい」と言うと、「私となつは本物以上だもん」と夕見子は嬉しそうだ。家族にも告げずに上京し、詳しいことを話そうとしない夕見子だが、なつの存在が彼女の支えになるのだろうと予感させる。

 いわゆる「駆け落ち」で夕見子が上京してきたことが判明する。夕見子は「愛って志よ」「愛の不合理さを認めるから女は不幸になるの」と独特の結婚観を語り出し、なつはついていけない。そんな中、フラついたなつを支えた坂場(中川大志)の台詞が印象に残る。

 「君の愛ってなんですか!」

 緊張したような面持ちでなつの顔を見つめ、問いただす坂場。酔っ払ったなつの返答は「ごちゃごちゃ言うな」だったが、2人の関係が深まりそうな予感がする。

      

「中川大志「君の愛ってなんですか!」 『なつぞら』で突き詰める“愛”とは?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版