>  >  > 夕見子目線のもう一つの『なつぞら』

夕見子目線のもう一つの『なつぞら』 “2人目のヒロイン”に注目が集まる理由

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広瀬すず主演の第100作目NHK連続テレビ小説『なつぞら』。明るく健気でみんなに愛される「いかにもな王道朝ドラヒロイン」なつ(広瀬すず)とは対照的な描かれ方で、一部視聴者の共感を得ているのが、なつが引き取られた北海道の柴田家長女・夕見子(福地桃子)だ。

 幼少時には、突然連れられてきたなつに自分の服をあげろと言われ、「嫌だ!」「ズルい! その子が可哀想なのは私のせいじゃないもん!」と本音で怒り、猛抗議したり、牛乳を嫌い、家業の酪農も嫌い、やりたくないことはハッキリと言ったりする。

 しかし、決して意地悪ではなく、正義感が強く、なつが同級生たちに嫌なことを言われると、代わりに怒ったり、自分の本音を見せないなつに対して苛立ちや戸惑いを見せたりもしていた。

 なつをいつでもあたたかく見守り、当たり障りない言葉をかける幼馴染の男の子たちに比べて、夕見子の発言は率直かつ辛辣だが、これはなつをいちばん近くでよく見ているからこそ。

 家の手伝いをせず、自分は好きな本を読んでいる夕見子はワガママで自分勝手に見えるが、このスタンスも、元来の「自分の思ったことをはっきり言う」「やりたくないことはやらない」性格に加えて、なつが訪れた影響が大きいだろう。

 なにせ、なつが柴田家に来てからというもの、いつでも話題の中心になるのは、なつばかり。酪農を一生懸命手伝うなつを祖父・泰樹(草刈正雄)は溺愛し、なつが来てから登下校時に手を振ったり、バターづくりの夢を語ったりする。なつの登場により、これまで見せたことのないデレぶりを見せ、生きがいを見つけたようにすら見える。

「夕見子目線のもう一つの『なつぞら』 “2人目のヒロイン”に注目が集まる理由」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版