>  >  > 『俺スカ』“人生賛歌”なフィナーレに

『俺スカ』King & Prince 永瀬廉の涙の卒業式 最終話、古田新太はみんなの“アイドル”に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「やりたいことがあるから」と2年3組を身勝手に去っていった原田のぶお(古田新太)。思えば第1話では始業式に遅刻しながら体育館に土足で入ってきて、2年3組の新任教師であることを伝える場面があったが、やって来るのが突然なら去るのも突然。『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)最終話は、原田のぶおがいなくなった2年3組のクラス風景からはじまる。

 「のぶおがやりたいことをひとつ叶えてあげたい」という明智(永瀬廉)は、のぶおのやりたいことリストにあったことのひとつ「教え子に卒業証書を渡す」という夢を叶えてあげるために、自主的な卒業式をクラスメイトたちと計画することに。一方東条(道枝駿佑)は、急に教師を辞めてしまったのぶおの行動に納得がいかず、モヤモヤしている。そんなある日、入院しているのぶおのお見舞いへ訪れることになった長井(松下奈緒)は、東条を連れてのぶおのいる病院へ行く。なぜ急に学校をやめたのか、本当は体が悪いからなのではないか、と問う東条に、「やりたいことがある」の一点張りで、「原田のぶおは死なない」と言い張る姿はやはりのぶおらしい。「引き際は、惜しまれながら美しく」と言い、それを体現してみせようとするのだから、まるでアイドルかスーパースターのようにきらめく存在である。

 そうして物語は卒業式当日へ。1日だけ学校へ戻ってきたのぶおは、保健室で里見(白石麻衣)と対面する。原田のぶおがいなくなった学校はおもしろくないと、退屈な日々に光を与えてくれていた原田のぶおという“差し色”がいなくなってしまったことを嘆く里見。そこでものぶおは「差し色はセンス。自分でいろんな色の中から選んで色を差してみな。できるはずだよ」と、のぶお以外にも素敵な出会いがあることを、やさしく伝えてみせる。ここにも、実に原田のぶおらしい生き方のスタンスが垣間見える。

 自前の卒業証書を持参してきたのぶおは、生徒一人ひとりに最後の一言を告げ、満足気に卒業証書を手渡す。本当にただの「一言」で構成されたメッセージと「おめでとう」と「ありがとう」の往来にはそこまで特別感があるわけではないが、そこにはこれまでのストーリーを振り返る余白が用意されているだろう。「ありがとう」と「ごめんなさい」をしっかり伝えることの大切さを教えてくれたのは第4話だっただろうか。最終話にはどこもかしこもこうした心からの感謝の言葉で溢れていて、心が温かくなるシーンばかりだった。

      

「『俺スカ』King & Prince 永瀬廉の涙の卒業式 最終話、古田新太はみんなの“アイドル”に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版