>  > 桜田通が明かす『わたし、定時で帰ります。』柊の心境

『わたし、定時で帰ります。』インタビュー

桜田通が『わたし、定時で帰ります。』の一ファンとして思うこと 「弟役ハードルめっちゃ高い!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 働き方改革に揺れる“現代のオフィス“を切り取り、「私たちは、何のために働くのか」を真っ直ぐに問いかける『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)。

 「福永は危険な男です」と第1話から、結衣(吉高由里子)に情報を提供をしてきた謎の男・愁(桜田通)。第7話では、結衣の元婚約者で上司の種田晃太郎(向井理)の弟・柊であることが判明し、話題を呼んだ。部屋に引きこもって働くことから離れている柊と、ワーカーホリックな晃太郎。対象的な兄弟の関係性も、このドラマの見どころのひとつだ。

 過去のトラウマを抱える柊を繊細に演じている桜田に、『わたし、定時で帰ります。』を通じて感じたこと、そして彼自身の「働くとは」について聞いた。

「イチ視聴者として楽しみ。初めてです、この感じ(笑)」

――『わたし、定時で帰ります。』という作品について、どのような印象を持ちましたか?

桜田通(以下、桜田):題材として、時代に合っていて面白いなと思いましたね。原作を読ませていただいたんですけど、すごく共感できるキャラクターが出てきて読みやすかったです。僕自身は、新入社員の来栖泰斗くんの心境が「わかるな〜」って思いました。

――今回、桜田さんが演じられた柊に対しては?

桜田:物語のキーとなるポジションですし、純粋に「素敵な役に出会えて嬉しいな」とワクワクしました。柊は、ずっと部屋にこもっているので、メールの文章を読み上げるモノローグのほうが多くて。謎めいて見えるようにといった計算はなく、監督の演出指示に従って素直に演じさせていただきました。

――たしかにドラマのメイン舞台であるオフィスには、いらっしゃらなかったですもんね。

桜田:そうなんですよ。出演はしていますが、他のキャストのみなさんとも2〜3回しか会ってないです(笑)。連ドラなのに2週間オフだった時期もあったり、本当に連ドラを撮ってる気がしないです(笑)。だから、今まで出演してきた作品の中でも、すごく客観的に見られているなと思うんですよ。もう番組ファンの感覚で「いいドラマだなー」って。毎回楽しみにしてるんです。

――そんな視聴者として楽しまれている中で、印象に残っている場面はありますか?

桜田:それはもう6話のラストですよ。晃太郎が結衣のことを「今も好きですよ」って言うシーン! あれは、向井さんがカッコ良すぎて(笑)。僕、出演が決まったときから、向井さんの弟役を演じるなんて、「嘘だろ」って自分でツッコミを入れてたんですけど、あのシーンで改めて「弟役ハードルめっちゃ高い!」って笑っちゃいました。

――確かに、あのシーンはドキドキしましたね。

桜田:その複雑な関係に挟まれてる吉高さんも、すごくキュートなんですよね。結衣の存在は、「定時帰りなんてそもそもできないし」と思っている、三谷さん(シシド・カフカ)みたいな考え方を持った視聴者の皆さんに、「困った人」と思われる可能性もあると思っていて。でも、それを嫌味なく演じられているのは、吉高さんが持っている、もともとの明るい雰囲気なんだろうなと思うんですよね。役者としても勉強になることが多く、楽しく見ています。

――6話では晃太郎と対面して、過呼吸になるという難しいシーンがありましたが。

桜田:あのシーンは実際に酸欠になって苦しかったです。向井さんも声をかけてくれて。「“過呼吸になる“って台本に書いてあるタイミングよりも前から、その予感が自分の中である意識をしたほうが、やりやすいと思うよ」っていうアドバイスもくださって。もう大好きです、向井さん(笑)。柊も本当はコーニー(晃太郎)のことが大好きなんだと思うんですよ。でも、大好きだからこそ、見るだけでも息が詰まる存在になってしまった。その真相は、9話で明かされるので楽しみにしていてほしいです。

――晃太郎の弟だったと判明して、まわりからの反響はありました?

桜田:母親から「弟だったんだね」って言われました(笑)。TwitterやInstagramのコメントで「向井さんの弟なんて素敵ですね」って褒めていただけたのはうれしかったですね。全部、向井さんのおかげです(笑)。

      

「桜田通が『わたし、定時で帰ります。』の一ファンとして思うこと 「弟役ハードルめっちゃ高い!」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版