>  > 泉澤祐希×柄本時生『わた定』対談

『わたし、定時で帰ります。』インタビュー

泉澤祐希×柄本時生『わたし、定時で帰ります。』対談 「僕は、定時には帰りたくない!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 効率よく仕事をこなし、残業ゼロをモットーに働くヒロインを吉高由里子が演じる火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)。“働き方改革”が取り沙汰される現代を象徴するドラマとして、大きな注目を集めている。

 第1話では、人の10倍努力しなければと追われるように働く皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、第2話では育児とキャリアの間で悩むワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)と、個性的なキャラクターが次々と登場。価値観の多様化に伴って、人生観も、仕事観も人それぞれ。それぞれの良さを活かしてことを成し遂げるのが、仕事。そんなことを改めて考えさせられるドラマだ。

 4月30日オンエアの第3話では、「辞めようかな」が口癖の新人・来栖泰斗(泉澤祐希)が、SNSに動画を流出させてしまいトラブルを起こすという、リアルな展開が話題になった。そして、5月7日に放送される第4話では、結衣とは対照的な職場に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)がフィーチャーされる。

 そこで今回は、少しクセの強い役柄を演じている泉澤祐希と柄本時生に、インタビューを行い、前編と後編にわけてお届けする。前編となる今回は、“職場”としての『わたし、定時で帰ります。』の撮影現場の雰囲気や、“仕事仲間”としてのふたりの関係性について。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり!】

柄本「役柄では先輩・後輩だけど、ゲーム上では師匠です」


――(インタビュー前の会話を聞いて)おふたりの会話は、本当に職場の先輩・後輩という感じですが、どんな関係ですか?

柄本時生(以下、柄本):あ、リアルでは師匠なんですよ。

泉澤祐希(以下、泉澤):いや、やめてくださいよ(笑)。

柄本:僕たち、ゲームが好きという共通点があって。プレステ4の『フォートナイト』というオンラインゲームで、 チームを組んで夜な夜な一緒に遊んでいるんです。泉くん、うまいんですよ。そこで、ボイスチャットでは「師匠」と呼んでいて。

――弟子と師匠で、ごはんにも行かれたとお聞きしましたが。

柄本:1回行きましたね。泉くんと、桜田通くんと、僕の3人で。あれ、なんで行ったんだっけ? 俺が誘ったの?

泉澤:いえ、『オールスター感謝祭』(TBS系)の後だったと思うんですけど、僕がめちゃくちゃ腹減っちゃってて。「これは肉食わないとダメですね」とか言ってたら、時生さんが「ちょっと行く?」と言ってくださって。3人で焼き肉に。

――そこは先輩・後輩ですね! 食事中は、やっぱりドラマのことについてお話されたんですか?

柄本:いやいやいや。基本「あの女の子かわいかったね」とかそういう感じですよ(笑)。

泉澤:男ですからね。3人とも!

柄本:あとは、たしか「『オールスター感謝祭』の賞金分食うぞ!」みたいなことも話したかな。本当に、そんな他愛もない会話ですよ。

泉澤:しかも、30分くらいでしたもんね。パッと食って、パッと帰る、みたいな。

――THE男子っていう感じですね。おふたりは初対面から、気が合ったんですか?

柄本:そうですね。俺が、最初『フォートナイト』ってゲームがあってーみたいなことをちょっと話したら、泉くんが「僕やってます」って入ってきてくれたんだっけ?

泉澤: そうそう。

柄本:吉高(由里子)さんも、 ゲーム好きって話になって。泉くん、一緒にオンラインでゲームしてるんでしょ?

泉澤:はい! 吉高さんは『荒野行動』派ですけど(笑)。

「泉澤祐希×柄本時生『わたし、定時で帰ります。』対談 「僕は、定時には帰りたくない!」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版