>  >  > 『わた定』と働く現場のギャップ

「わたし、定時で帰ります。」はやっぱり難しい!? ビジネスウーマンに聞く、働く現場の実情

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)には「仕事」や「働き方」に対して様々な考えを持つ曲者社員が毎週登場する。では、実際現場で働く人の目にこのストーリーはどのように映っているのだろうか? 定時で帰れているのか含めてビジネスウーマンに生の声を聞いてみた。

 主人公・東山結衣(吉高由里子)と同じく大手WEB制作会社で働く30代女性によると、「うちの会社はリモートワーク(在宅勤務)が推進されているので、比較的働き方の自由度は高いですが、それでも毎日結衣のように定時帰りは難しいのが正直なところ」だと言う。

「やっぱりクライアントワークの制作物については、自分だけで完結する仕事ではなくクライアント側に確認を入れてもらう必要がある。その確認の締め切り時間を過ぎても返事がない場合には催促する必要があったり、スケジュールの仕切り直し、外注先への再依頼などの調整を臨機応変に入れなければいけません」

 自分の作業だけで完結する仕事ではなく、その先にクライアントによるチェックバックが必要であったり、外注先などを巻き込み関わる人が多くなればなるほどコントロールしきれない要素が出てくるものだ。不測の事態に備えてすぐに対応するためにも少なくとも締切日についてはきちんとボールを回収しきってから会社を後にしたいというのが本音なようだ。

 この辺りはいくら自社の仕組みが整っていても対峙するクライアント側の社風や、業務委託先のスピード感に左右されそうだ。


 一方、広告業に携わる20代・営業職女性に「定時帰り」について聞いてみると、営業職ならではの回答が得られた。

「私の部署では昨年は営業成績が抜群に良くて、全国の拠点でも常に上位にランクインしていました。その時には、余力もあってか上司たちはこの好業績が長時間労働によるものではなく『業務効率化の賜物』であると誇示せんばかりに、少しでも労働時間が長くなると厳しく勤怠状況を管理されていました」

 その当時はいくら営業実績上位者であっても少しでも超過労働が見受けられればすぐに是正勧告が入るほどに徹底した管理だったようだ。それが今年に入って、一気に状況が変わったと言う。

「今年に入って、部署の営業実績が一気に下がったんです。異動などがありメンバーが大きく入れ代わったのも一因ではあるのですが。営業成績が芳しくなくなってからは、上司の方針も目に見えて変わり、『残業してでも数字を追いかけられるなら追いかけ切ろう』というようなメッセージを暗に受け取っています」

 とは言え、三谷(シシド・カフカ)タイプを自称する彼女にとっては、あまりに業務効率化が進み成果主義が行き過ぎるのも不安で、「頑張っている過程も評価され得る」今の働き方の方が自分には合っていると感じるようだ。

 ダイレクトに「数字」を追い、実績が可視化され相対評価されやすい営業職において、やはり「営業成績」を出していない限りは何となく「勤務時間」を融通させることは気まずく、堂々と定時帰りを決め込むのは難しそうだ。

      

「「わたし、定時で帰ります。」はやっぱり難しい!? ビジネスウーマンに聞く、働く現場の実情」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版