>  >  > 浜野謙太と本田翼が抱えた葛藤

浜野謙太と本田翼が抱えた“救うこと”への葛藤 『ラジエーションハウス』放射線科医と技師の違い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 医者になりたかったというコンプレックスを乗り越え、放射線技師としての誇りを取り戻した軒下(浜野謙太)。唯織(窪田正孝)がラジエーションハウスに入ったことで、それぞれの仕事に対する姿勢は変化していた。

 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)第7話では、初恋の人である真貴(松本若菜)に再会し「医者になる夢を叶えたんだね」と言われた軒下が、本当のことを言えずに医者のふりをしてしまうが、最後には技師としてのプライドを持ち職務を全うする姿が描かれた。

 今まで描かれてきた軒下は、太鼓持ちやちょっぴりひねくれ者など、優秀な放射線技師としての姿とは違っていた。しかし今回は、初めてひとりで当直する裕乃(広瀬アリス)のオンコールを担当し、マッチングアプリで出会った女の子とのデート中でも現場に戻り頼もしい姿を見せた。お酒を飲んでいるかのように思えた軒下だが、実はワインではなくぶどうジュースを飲んでデートを過ごしていた。ひとりで当直する裕乃のために、病院へ戻ってくる気でいたのだ。軒下は、裕乃の当直中にきた外傷の患者のレントゲンをテキパキと撮っていく。これには裕乃も感動。翌日裕乃は、ラジエーションハウスのメンバーに嬉々として話すのであったが、ラジエーションハウスのメンバーは「軒下が優秀なことに気づかなかったのか」と言いあっけらかんとしている。実は軒下は誰からも頼りにされ、一流の放射線技師だと思われていたということが発覚した。

 唯織がきてから、ラジエーションハウスの面々は技師としてのプライドややりがいを再確認している様子だ。それには唯織の、放射線技師としての能力の高さや、仕事への取り組み方が影響しているといえよう。本作は多くの登場人物が、ステップアップしたいという思いと、なかなか前に進めない現実にもどかしさを覚えながらも奮闘している。それは軒下だけでなく、杏(本田翼)にも言えることであった。

      

「浜野謙太と本田翼が抱えた“救うこと”への葛藤 『ラジエーションハウス』放射線科医と技師の違い」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版