>  >  > 高畑充希を翻弄する、おじさま5人の生態

西島秀俊、小日向文世、野口五郎…『メゾン・ド・ポリス』高畑充希を翻弄する、おじさま5人の生態

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高畑充希が初の刑事役に挑むドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)が今夜からスタートする。同作について高畑は、おじさまたちのギャップに萌える“おじキュン”というキーワードを猛プッシュ。そこでシェアハウスに住む5人のおじさまたちに注目したい。

 念願の刑事課に配属された若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住む「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、ワケありのおじさまたちに振り回されながら事件を解決していく、一話完結の刑事ドラマ。第一話では、ひよりと“おじさま”たちが、5年前に起きた「デスダンス事件」と呼ばれる焼殺事件の真犯人と、模倣犯の仕業とされる新たな焼殺事件の謎を追う。

エプロン姿からアクションまで! 王道ギャップおじさま


 シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の雑用係は、西島秀俊演じる元警視庁捜査一課の夏目惣一郎。融通が利かない不器用な男で、同居人のおじさまたちにからかわれることも多々。掃除についても効率の良さを重視する潔癖かつ完璧主義者で、警察組織の中で理想を押し通すことが難しくなり退職した。

 高畑曰く「おじさまたちのギャップが素敵」な本作だが、中でも最大のギャップを見せるのが夏目。普段はぶっきらぼうでクールな夏目だが、捜査モードに突入すると性格が一変。シェアハウスでのアイロンがけ姿から捜査でのアクション姿まで、西島の魅力を端から端まで堪能できるだろう。

天然連発! キュートな女子力高めおじさま


 小日向文世が演じるのは、空気の読めない天然おじさん・高平厚彦。シェアハウスの管理人を務めているが、唯一住み込みではなく自宅通い。料理を担当しており、手作りのスイーツもお手の物。現役時代には中野東署警務課・課長代理・警部として勤務。事務畑一筋で現場での経験がなく、未だに捜査への憧れを抱いている。

 ふわふわとした愛らしさで観る者を癒やしてくれる高平だが、先日行われた会見で小日向は「(ギャップがあるのは)6話ですね」と明言。ニコニコと温厚な高平にどんなギャップが生まれるのか、今から楽しみにしたい。

      

「西島秀俊、小日向文世、野口五郎…『メゾン・ド・ポリス』高畑充希を翻弄する、おじさま5人の生態」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版