高畑充希が語る、『メゾン・ド・ポリス』座長としての務め 「愛がある方ばかりですごく安心感」

高畑充希が語る、『メゾン・ド・ポリス』座長としての務め 「愛がある方ばかりですごく安心感」

 2019年1月期TBSドラマ『メゾン・ド・ポリス』で主演を務める高畑充希。本作では、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」で暮らすワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく主人公・ひよりを演じる。そんな“おじさま”たちに名を連ねるのが、小日向文世(64歳)、野口五郎(62歳)、角野卓造(70歳)、近藤正臣(76歳)と俳優界のレジェンドたち。『3年B組金八先生』以来10年ぶりの出演となるTBSドラマで、ベテラン俳優が勢揃いする本作の座長を務める心境を高畑に訊いた。

「10年前はたくさんいる生徒の中のひとり」


ーー本作の主演が決まってから、今の心境はいかがでしょうか。

高畑充希(以下、高畑):この作品は、スタッフさんとキャストさんに本当に恵まれているチームだなと感じています。最初にお声かけいただいた時は、TBSの連ドラで原作があって、主演を任されるというところから、豪華なスタッフさんとキャストさんが集まって、私自身びっくりすることばかりでした。顔合わせの時に、皆さんと「面白いドラマにしたい」とお話して、愛がある方ばかりだなと、すごく安心感がありました。

ーー『3年B組金八先生』(第8シリーズ、ファイナル)以来の10年ぶりのTBSドラマ出演で初主演となると、感慨深い思いなどはありますか?

高畑:10年前はたくさんいる生徒の中のひとりで、1話が放送される度に、少しだけでも映ると両親と喜んでいました。今回は、豪華なキャストの皆さんの中での主演ということで、私自身、なんとなくですが「大人になったなぁ」と思うところはあります。かつてご一緒していたスタッフさんとスタジオで会うと、未だに生徒役の頃の役名で呼ばれることがあって、すごく懐かしい気持ちになりますね。

(左上から)西島秀俊、小日向文世、角野卓造、野口五郎、近藤正臣、高畑充希(c)TBS

ーー今回は主演として、大先輩の俳優陣を引っ張る部分でプレッシャーはありませんか?

高畑:初めは引っ張っていくのかなと思っていたんですけど、いざ現場に入ってみると、ずっといじられていて(笑)。皆さんが優しく話しかけてくれて、今は、引っ張らなきゃという気持ちより、付いて行こうという気持ちの方が大きいです。撮影の時に緊張はするんですけど、皆さん本当に優しくて、どんなことが起こっても必ず皆さんがキャッチしてくださるという安心感があるんです。その分、私もこぼさないように集中してやるんですけど、すごく助けてもらっていて、撮影は本当に和やかで楽しいです。

ーー舞台挨拶で小日向さんが「高畑さんは孫を見ているような気分」と話していましたが、高畑さんにとっては皆さんはどんな存在ですか? “おじいちゃん”とまではいかないと思うんですけど……(笑)。

高畑:そうなんですよね(笑)。お父さんより上だけど、おじいちゃんより下なんです。皆さんが普段の会話でも、ちゃんと私の近くまで来てくださって、話を聞いてくださり、対等に会話してくださることが多くてとても嬉しいです。孫みたいに思っていただいていたのは今日初耳でした。撮影が進んできたので、お一人おひとりと話す時間が持てるようになったんですが、皆さん全く感じの違う方々なので、お話を聞くのがすごく楽しいです。

ーー先輩方から撮影期間中に、吸収したいなと思っていることはありますか。

高畑:私から見たら、皆さん「神々」という存在なので、もちろん吸収も頑張ってしたいけれど、皆さんが揃っているところに入れるラッキーなポジションはおそらく、もう一生ないのかなと思うんです。皆さんの中に居られる時間と感謝を毎日噛み締めて、一生懸命やりたいと考えています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる