>  >  > 『ギャングース』著名人コメント

ケンドーコバヤシ、丸山ゴンザレスらが絶賛 入江悠監督『ギャングース』著名人コメント

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月23日に公開される映画『ギャングース』に、著名人が絶賛コメントを寄せた。

 本作は、『モーニング』誌で2013年から2017年まで連載された、漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による同名コミックを、入江悠監督が実写映画化したクライムドラマ。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描く。

 情報収集・標的選定担当のサイケを高杉真宙、モヒカン姿で工具全般を担当するカズキを加藤諒、そして車両・機動担当のタケオを渡辺大知が演じる。そのほか、林遣都、山本舞香、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVIらがキャストに名を連ねた。

 このたびコメントを寄せた著名人は、ケンドーコバヤシ、丸山ゴンザレス、原田曜平、高木瑞穂の4名。コメントは下記の通り。

コメント

ケンドーコバヤシ(芸人)

クライムムービーの疾走感と現代の抱える闇が交互に襲ってくる凄い映画だ。ただ原作に登場したケンコバ子が…スケジュールは空けていたはずなんだが…

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)

犯罪者を待ち受ける未来が明るいはずはない。それなのに、小さくてもいいから幸せを掴んでほしいと願わずにはいられない。憎めないアウトローには、そういう魅力がある。

原田曜平(マーケティングアナリスト)

この映画は『万引き家族』と同じくらい「超格差社会」である現代のリアリティ・臨場感を売りにした、『ロビンフッド』のような言わば現代の「義賊」(権力者からは犯罪者、大衆からは支持される集団)を描いた映画である。

高木瑞穂(ノンフィクションライター)

凶暴凶悪だけではないタタキのリアルを追及すれば、こんなにスリリングで慈愛に満ちた青春ドラマになるんだぜ、という作り手の誇らしげな声が聞こえてきそうだ!

■公開情報
『ギャングース』
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林遣都、伊東蒼、山本舞香、芦那すみれ、勝矢、般若、菅原健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI
監督:入江悠
脚本:入江悠、和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介『ギャングース』(講談社『モーニング』KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
(c)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (c)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
公式サイト:gangoose-movie.jp
公式Twitter:@MovieGangoose

「ケンドーコバヤシ、丸山ゴンザレスらが絶賛 入江悠監督『ギャングース』著名人コメント」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版