福士蒼汰が語る、役者としての現在地 「ようやく自分の足で、振り出しに戻ってもいい」

福士蒼汰が語る、役者としての現在地 「ようやく自分の足で、振り出しに戻ってもいい」

 2018年公開作では『曇天に笑う』や『BLEACH』など、アクション俳優としての活躍が目覚ましい福士蒼汰。彼の次なる主演作『旅猫リポート』が10月26日より公開された。

 数々の賞を受賞した有川浩の同名作を実写化した本作は、1人の青年と1匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語を通して、人間同士の関係を超えた2人の絆を描いた物語。「自分自身を投影してキャラクターを作りました」と語る、主人公の悟役を演じた福士蒼汰にインタビューを行った。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「こちら側が信じてあげることが大事」

ーー有川浩さん原作作品への出演は『図書館戦争』に続いてですね。

福士蒼汰(以下、福士):はい。今回は主役として出演させていただいたので、初めは有川先生の作品という意味ですごくプレッシャーを感じました。ですが、現場に入ってからは、役に関してすごく自由にやらせてもらうことができて、すぐ慣れていきました。有川先生は現場にも頻繁にいらっしゃったのですが、お会いする前の方が緊張していたなと思います。有川先生の作品の登場人物は基本的に良い人が多いんです。『旅猫リポート』に至っては悪い人は1人も出てきません。キャラクターがすごく魅力的なので、感情移入しやすい作品が多い気がします。

ーー現場で有川さんとはどんな話を?

福士:猫の話しかしていないです。有川先生自身が猫を大好きでいらっしゃるので。そうですね……本当に猫の話しかしてないです(笑)。

ーー今回その猫のナナちゃんと共演して、どんな魅力に惹きつけられましたか?

福士:ナナは、毛がくりくりしていて、自分の好きな外見だったんです(笑)。以前トイプードルを飼っていたのですが、猫版のトイプードルのようで、抱き心地も良くて。ツンが多い猫ですが、デレた瞬間が特別可愛いんです。たとえツンデレの割合が何パーセントずつでも、両方持っていたら可愛いんだなと思いました(笑)。 あと、舌がとてもザラザラしていて、舐められるシーンの時にちょっと痛いくらいだったので、それはびっくりしました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーー悟とナナのように、人と動物が通じ合う関係性は素敵だなと感じました。

福士:実際は猫が何を考えているかは分からないから、本当に聞いてみたいです。でも、こちら側が信じてあげることが大事なのかなと。信頼関係を築くのは、お互いがそう思わないとダメだと思うんです。片方が相手を思わなかったら、信頼関係は生まれないので、人間から動物に信頼を寄せてあげることで、その関係性が生まれるんじゃないかと思います。まずこちらからやってあげることが大事なのかもしれません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ