ダコタ・ファニングが自閉症を抱える『スター・トレック』オタクに 『500ページの夢の束』公開へ

ダコタ・ファニングが自閉症を抱える『スター・トレック』オタクに 『500ページの夢の束』公開へ

 ダコタ・ファニング主演最新作『Please Stand By(原題)』が、『500ページの夢の束』の邦題で9月7日より全国公開されることが決定。あわせて場面写真が公開された。

 本作は、7歳で映画デビューを果たし、『I am Sam アイ・アム・サム』『宇宙戦争』で天才子役として一躍世界にその名を知らしめたダコタ・ファニング主演の最新作。『スター・トレック』が大好きで、自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くことが趣味のウェンディ(ダコタ・ファニング)が、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知り、ハリウッドまで数百キロの旅に出る模様を描く。

 ウェンディを支えるソーシャルワーカー・スコッティ役に『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、ウェンディを大切に想いながらも離れて暮らさざるを得ない複雑な感情を抱く姉・オードリー役に『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴが名を連ねる。プロデューサーは、『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』を手がけたダニエル・ダビッキと、『マネーモンスター』のララ・アラメディン。サンダンス映画祭で観客賞・審査員特別賞をダブル受賞するなど、数々の国際的な賞に輝いた『セッションズ』のベン・リューインが監督を務める。

 公開された場面写真には、愛犬ピートを抱き、決意を込めた表情で前を見据えるウェンディや、誰にも知らせず一人旅に出たウェンディを探すスコッティ、オードリーらの姿が切り取られている。初めて外の世界へ踏み出すウェンディの不安とときめき、そんな彼女を心配しながらも変わらぬ愛情で見守る家族たちの温かい眼差しを感じさせる。

■公開情報
『500ページの夢の束』
9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:ベン・リューイン
製作:ダニエル・ダビッキ、ララ・アラメディン
出演:ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ
配給:キノフィルムズ
原題:Please Stand By/2017年/アメリカ/英語/93分/カラー/シネマスコープサイズ/5.1ch/日本語字幕:桜井裕子
(c)2016 PSB Film LLC
公式サイト:http://500page-yume.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ