殺し屋たちの裏をかくアーノルド・シュワルツェネッガーの姿が 『キリング・ガンサー』予告編

殺し屋たちの裏をかくアーノルド・シュワルツェネッガーの姿が 『キリング・ガンサー』予告編

 アーノルド・シュワルツェネッガー主演最新作『キリング・ガンサー』の公開日が7月14日に決まり、日本版ビジュアルと予告編が公開された。

 『テッド2』や『ミュータント・タートルズ』など俳優としても活躍するタラン・キラムが監督を務めた本作は、先進気鋭のヒットマン・ブレイクが世界最強の殺し屋ガンサーをなんとか殺害しようと、凄腕の殺し屋を集めてチームを結成する模様を描いたアクション映画。『ターミネーター』シリーズのシュワルツェネッガーが世界最強の殺し屋に扮するほか、監督のキラムが、ガンサーを狙う暗殺者役を務める。

 今回公開された予告編には、伝説の殺し屋“ガンサー”を殺すべく集結した“爆破のプロ”、“8歳から殺しの教育を受けた女アサシン”、片腕が強靭なメカ腕の“クラッシャー”など、個性派揃いの暗殺チームの裏をかき、パワフル過ぎる筋力で巨大冷蔵庫の蓋を剥がして滅多打ち、さらにはバズーカを一発食らわせるなど、嬉々としているシュワルツェネッガーの姿が捉えられている。

『キリング・ガンサー』予告編

 あわせて公開された場面写真では、世界最強の殺し屋のイメージとは、似ても似つかないフランクでおどけた姿のシュワルツェネッガーも確認できる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『キリング・ガンサー』
7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク9にてロードショー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、タラン・キラム、コビー・スマルダーズ、ボビー・モナハン、ハンナ・シモーヌ
監督・脚本:タラン・キラム
製作総指揮:アーノルド・シュワルツェネッガー
撮影:ブレイク・マクルーア
編集:アダム・エプスタイン
2017年/アメリカ/カラー/ビスタ/デジタル上映/DCP5.1ch/93分/英語/字幕翻訳:町野健二/レイティング:G
原題:WHY WE’RE KILLING GUNTHER
提供:クロックワークス、ギャガ
配給:クロックワークス
(c)2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED
(c)2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://klockworx-v.com/killinggunther/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ