>  >  > 松本潤&佐藤勝利、ついに共演!

松本潤&佐藤勝利、『99.9』第6話でついに共演! Sexy Zoneが“ポスト嵐”の可能性見せる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーズン1から通してのベストエピソードとなった第5話から間隔を開け、シーズン2の後半が幕を開けたTBS日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』。第6話では尾崎舞子(木村文乃)と、これまで“謎の男”として描かれてきた彼女の弟・雄太の過去が明かされる回となった。拡大放送の枠をまんべんなく使い、ふたつの事件と“姉弟”のドラマ、そして“弁護士”という職業の意義が描き出されたのだ。

 2年前に窃盗事件で逮捕された雄太を世話してくれていた寿司店主・新井英之(竜雷太)から、殺人事件で疑われていると依頼を受ける深山大翔(松本潤)と舞子。しかしその事件で雄太が逮捕され事態は急転。接見に出向いた深山は、舞子と雄太の間に2年前の事件をきっかけにした確執があることを知る。そして今回の事件を解決するためには、その事件から解明する必要があると捜査を始めるのだ。

 そんな中で、弟が逮捕されたことが事務所に損失を出しかねないと“早急な危機管理”として、斑目春彦(岸部一徳)は舞子を辞職させることを考える。今回の劇中で繰り返し触れられるイソップ童話『北風と太陽』の、まさに“北風”のようなドライな対応で、彼自身も「僕は北風だからね」とニヤリと微笑む。

 しかし、2年前の事件を悔やむ舞子に斑目は「よかったね」と語りかけ「反省しようと後悔しようと過去に戻ることはできない。弁護士になった君には今できることがたくさんある」と弟への償いの機会を与える。それはまさに、斑目が刑事専門チームを作ったときから続いている、彼なりの“弁護士としてのあり方”が体現された言葉なのではないだろうか。

 殺人事件の疑いをかけられた深山の父親に、友人でありながら何もしてやれなかったことを抱え続けた斑目は、深山をヘッドハンティングして真相解明の後押しをした。同じように彼は、依頼者の友人として斑目法律事務所にやってきた尾崎を正式に雇い、彼女が抱え続けていた弟の事件を解明に導いたのだ。

 冷たくありながら理知的な“北風”と、暖かさをもって相手を見守り自発的な行動を促していく“太陽”が対比となりながらも、どちらも必要であることを意味付ける『北風と太陽』の物語。まさに斑目の存在こそが、このドラマにおける“北風と太陽”両方の役割を果たしているものだと感じずにはいられない。

      

「松本潤&佐藤勝利、『99.9』第6話でついに共演! Sexy Zoneが“ポスト嵐”の可能性見せる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版