万引きGメンが語る、コロナ禍で変わる万引きの様相 「セルフレジでカゴ抜けするひとはだいたい知能犯」

万引きGメンが語る、コロナ禍で変わる万引きの様相 「セルフレジでカゴ抜けするひとはだいたい知能犯」

 「万引き」

 この名前は通称で、刑法にはそのような言葉はなく「窃盗罪」である。刑法第235条により「10年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金」の犯罪行為だ。逃亡しようとして店員や警備員に危害を与えた場合は事後強盗罪になり、刑法第236条により5年以上の有期懲役に処される。万引きは軽い行為に見られることもあるが、立派な犯罪だ。

伊東ゆう『万引き 犯人像からみえる社会の陰』(青弓社)

 先ごろ青弓社より発売された『万引き 犯人像からみえる社会の陰』(https://amzn.to/2QXRdTI)著者・伊東ゆう氏は、20年以上にわたり5000人以上の万引きを捕捉してきた現役の保安員であり、テレビに出演経験のある万引きGメン。映画『万引き家族』では製作協力もしている。筆者も20年以上書店に務めていたので万引きについては長年頭を悩ませてきた。本書の刊行にあたり、コロナ禍で変化した万引きの状況や、万引きの事例、そして万引き犯の実像について話を聞いた。(すずきたけし)

コロナ禍で変化した万引き

伊東ゆう氏
伊東ゆう氏

ーーまず万引きの状況について俯瞰してお聞きしたいのですが、2020年ではコロナ禍によって社会が大きく変わってしまいました。万引きについても変化はあったのでしょうか。

伊東:コロナ禍以前は高齢の常習者、それにベトナム人の万引きが多かった。地域にもよりますが、多いところでは万引きの8割はがベトナム人のところもありましたね。あと主婦の常習者やホームレスのような生活困窮者も多かったです。それがコロナ禍になってからはレジ袋有料化とマスク着用で一気に万引きの様相が変わりました。

ーーマスクで顔がわかりにくくなった。

伊東:そうなんです。コロナ禍以前はマスクしている人は2割くらいだった。スーパーなんかの防犯教育では「マスクしている人は注意しろよ」と教えているところもあったくらいなんです。その店では「マスクをしているのは絶対怪しいから。サンバイザーなんか着けてたら絶対にやるぞ」って断言してたのに、それが崩れてしまって捕まえられなくなっちゃったみたいで。

ーー万引きをやりそうな人の目印が通用しなくなったんですね。

伊東:そう。あとレジ袋有料化でマイバッグをカゴ替わりしている人が増えた。例えばお菓子をマイバッグ入れて会計後に袋詰めする台に持っていかれたら買ったことになってしまう。そういうことをする人がたくさんいます。おばあちゃんが多いですね。

ーー本書にはカゴ抜け(カゴに入れた商品を清算しないこと)、とくにセルフレジで会計したら思ったより安くてラッキーと無意識に万引きしていたり、意図的に精算しない人たちの事も書かれていました。

伊東:セルフレジでも商品の読み込みはスタッフが行い、会計だけ別端末で精算であれば問題ないですが、フルセルフレジでカゴ抜けするひとはだいたい知能犯的な人が多いですね。20代から30代が多い。セルフレジのカゴ抜け常習者がいましたけど、1個、2個くらいピッて商品をスキャンしてお金を払うんですけど、お金を払うふりしてそれ以上にたくさん商品を入れてるんです。それで私が声をかけたら「え、お金払いました。でもなんか安いなと思ったんですけど」っていうわけです。「わたし耳が聞こえなくて」と。前科8犯ですよ。ほかにもイヤホンしていて「音が聞こえなかった」とか言う人もいて。そうなると万引きとしての線引きが難しくなってきますね。

ーーコロナ禍ならでは、と言ってはおかしいですが、飲食店の店長が食材の万引きしているという事例がありました。これも2020年特有のものなのでしょうか。

伊東:これは2020年からですね。一回目の緊急事態宣言の2、3カ月あとくらいからで出てきたんじゃないですかね。月に1人か2人はいますよ。

引き継がれる万引きの手口

ーー最近の万引き犯は犯行が高度化していたりするのですか? グループ化されていたり、スマホで情報を共有していたり。

伊東:そういうのはしょっちゅうですね。中高生に多いんじゃないかな。

ーー万引きしやすいお店は万引き犯の中で共有されているという話をよく聞きますが、実際そうなんですか?

伊東:ありますよ。共有されるというか、万引きしやすい雰囲気が伝わるんでしょうねですね。小中高生による万引きだと1回だれかが万引きに成功するとみんな同じことをやります。あるスーパーでは従業員の通用口の途中に客が使用できるトイレがあるんですが、トイレに行くふりしてそのまま店の外に抜けるという手口が流行って、女子高生がみんなたくさんブツを持って裏から出ていたころがありました。こうやったら見つからないって先輩に教わって、代々その高校で伝わっている手口。

ーー伝統の万引き手口になっていると(笑)。

伊東:3年くらい同じ手口が続いていました。これもその地域ならではですけどね。

ーー私も万引きについて記事を書いたりしたときにSNSで質問がきたんですよ。「書店の本には一冊ごとに防犯タグが付いているんですか?」とか。お前はそれを知ってどうするつもりだと。

伊東:だからなかなか手口を具体的には言えないんですよね。テレビでも取材を許可してくれるお店は少ないですよ。

あだ名を付けられる万引き犯

ーー本の中では、“銀座のJUJU”とか、現場であだ名が付けられている万引き常習犯が登場します。お店の現場では万引き犯の人物像の共有のためにあだ名をつけることはよくあるのですが、保安員の中でもあだ名をつけることはあるんですか?

伊東:不審者を見かけたらまずあだ名を付けるところから始めますね。見失わないようにする意味もあります。だから服に8番とかプリントされているのを着ているとわかりやすくていいですね。「あ、8番きた!」とか。(毎回“8”がプリントされた万引き常習犯「8番の女」)

ーーなんで自分が特定されるトレードマークのような服を着てくるんだと思いました。

伊東:それが万引き犯のおかしなところで、なぜかバレない自信がある。あと貰ったサントリーのBOSSのジャンパーを毎日着てくる常習者とかもいて、その格好でビールを盗ったりするんです。

家族ぐるみの万引き

ーー家族での万引きは私も何度か捕まえた経験がありますが、最近は増えているんですか?

伊東:昔からいますけど、最近ちょっと増えてる感じがしますね。私が地方の現場を踏んでいるからかもしれないですけど、地方は店舗の大型化が顕著じゃないですか。ああいうところに行くと子どもから高齢者までみんなが欲しいモノが揃っているし、隠れる場所もたくさんある。普通、子どもがお酒をもって歩くのは不自然じゃないですか。よく見ていたら親が子どもに万引きをさせているんです。親を捕まえて問い詰めると「子どもが勝手に入れた」とか言って。

ーー私も以前に子どもがカードゲームのカードをごっそりポケット入れて持っていくの捕まえたことがあるんですけど、駐車場の車の中に親がいるんですよね。子どもが盗ってきたカードを親が売ってお金に換えるっていう。捕まえたあとに嫌な気分になりました。

伊東:それは嫌ですね。

野放しになっている盗品の販売

ーーネットのフリマアプリやオークションサイトなどで個人売買が簡素化されたことによって、万引きの目的が盗品の販売となるケースが目立ってきていると感じています。

伊東:それは昔からですね。本人確認などするようになってある程度落ち着いたところはありますけど、メルカリはまだ緩いところがあるじゃないですか。だからまた以前と同じようになっていて。盗品と書いてなくても、私が見ると盗んだものってわかります。それが堂々と売られていて野放しになっているのが今の状況ですよ。それも盗品販売の全部じゃないし、店舗に売ったり、友だちに売ったりというケースもある。万引き商人はいっぱいいますからね。年齢関係なく、小学生からおじいちゃんおばあちゃんまで。ただ、盗品であることはわかるけど、だからと言ってどうすることもできないっていうジレンマはありますね。

ーーネットでの盗品の販売を無くす方法はあるんでしょうか?

伊東:やっぱり現行犯で捕まえるしか無いんじゃないですかね。あとは、防犯機器の使い方次第ですけど、被害後に警察が動いて逮捕に至ることも増えています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる