> DJ OZMA

DJ OZMA

(ディージェイ・オズマ)

シーンに突如出現した生年月日不詳の謎の男性アーティスト、DJ OZMA。本名(?)は尾妻野純直。ヤンキー系ロック・バンド“氣志團”の綾小路翔と酷似しているが、あくまでも2人は“友人”関係なんだそうな。韓国の歌手であるDJ DOCの「Run to you」(原曲はボニー・M「ダディ・クール」)をカヴァーした1stシングル「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」で06年にデビュー。続く2ndシングル「純情 〜スンジョン〜」では、やはり韓国の3人組グループkoyoteの「純情」のカヴァー。アジアのエネルギッシュな楽曲の本質をストレートに引用し、快楽的なダンス・ミュージックへと昇華させ、いずれも大ヒットを記録している。同年11月にはアゲアゲなアッパー・チューンがこれでもかと詰め込まれた1stアルバム『I LOVE PARTY PEOPLE』をリリース。勢いはそのままに、06年末の紅白歌合戦に初出場を果たすも、女性バック・ダンサーが着用していた“裸体仕様”ボディー・スーツに視聴者からの抗議殺到、大きな話題と波紋を広げる。その後も、『劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝』主題歌に起用された6thシングル「Lie-Lie-Lie」や『クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』主題歌となった9thシングル「人気者で行こう!」などコンスタントにリリースを重ねていく。そして08年夏には<エイベックス>への移籍を発表。同年10月には、とんねるずとDJ OZMAの共同プロデュースによる矢島美容室を「ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-」でデビューさせるなどして話題を呼ぶ。そんな中、11月27日には同年をもって引退、二代目に襲名することを電撃発表した。因みに、二代目DJ OZMAは、初代DJ OZMAの顔見知りの後輩ら17名によるじゃんけん勝ち抜きで選抜されたそう。今後の動向が気になるところである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版