ポケモン25周年ソングがバイラル好調 Yaffle&Daichi Yamamoto&AAAMYYYが楽曲をドラマティックに彩る手腕

ポケモン25周年ソングがバイラル好調

参照:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(11月11日公開:11月4日~11月10日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:BoyWithUke「Toxic」
2位:INI「Rocketeer」
3位:Kotoha「真生活 (feat. 案山子)」
4位:EVADE FROM 宇宙「フライト 日 ’89 (FRIDAY)」
5位:INI「Brighter」
6位:ケプラ「これからのこと」
7位:アン・フォークナー, 矢戸乃上那由汰, 棗リュウ, 円山玲央「Jumping Into My World」
8位:Yaffle, Daichi Yamamoto, AAAMYYY「Reconnect」
9位:Conton Candy「ロングスカートは靡いて」
10位:JO1「Prologue」

 数週に渡ってINIが2曲ランクインしている他、先々週には最高2位となったケプラや、夏にチャート1位を獲得した案山子「真生活」の別バージョンなど、相変わらず強い楽曲が目立つ一方、新たなアーティストの楽曲もランクインしてくるなど、混戦が続く今週のバイラルチャートであるが、それだけリスナーのニーズが多様化していると言えるのではなかろうか。緊急事態宣言が解除されている今、生活がアクティブになり、情報交換がダイレクトに行えるようになったことが、バイラルチャートの入れ替わりの速さに表れてきたのでは……なんて考える。

 そんな中、今回は8位にランクインしたYaffle, Daichi Yamamoto, AAAMYYY「Reconnect」を取り上げる。この楽曲は、10月15日に配信リリースされた、ゲーム『ポケットモンスター』の25周年を記念したアルバム『Pokémon 25:ザ・アルバム』に収録された1曲だ。このアルバムには世界各国のアーティストが参加しており、ポスト・マローンやケイティ・ペリーを筆頭に、メイベル、ヴィンス・ステイプルズ、リル・ヨッティらに加え、日本からはYaffleが制作した楽曲に、ゲストアーティストとしてDaichi YamamotoとAAAMYYYが参加している。

 小島裕規のソロプロジェクト名であるYaffleは、ソングライティングのセンス、耳に残る大胆なアレンジ、感度の高いプロデュース力で、2018年の活動開始以降、日本の音楽シーンにおいて瞬く間に重要人物になった。藤井風、iri、SIRUPのプロデュースに加え、SEKAI NO OWARIのFukaseが殺人鬼を怪演して話題となった映画『キャラクター』の劇伴、並びにACAね(ずっと真夜中でいいのに。)とRin音を迎えて作られた主題歌「Character」のヒットも記憶に新しい。ゲストのDaichi Yamamotoは、父は日本人、母はジャマイカ人という京都生まれのラッパーだ。Yaffleと並び、今、日本の音楽シーンの重要人物であるSTUTSとのコラボレーション経験もある。AAAMYYYはシンガーソングライター/トラックメイカーであると同時に、Tempalayのコーラス&シンセサイザーとしても活動中。RyohuやTENDREをはじめ、様々なアーティストのゲストボーカルやサポートメンバーとして参加している。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる