Ayase、人気楽曲セルフカバーがバイラルチャート好調 聴き手の心揺さぶる巧みなストーリーテリング

参照:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(10月7日公開:9月30日~10月6日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:CKay「love nwantiti (ah ah ah) 」
2位:オリバー・ツリー「Life Goes On」
3位:案山子「真生活」
4位:DADA「High School Dropout」
5位:CKay「love nwantiti (feat. Dj Yo! & AX’EL) Remix」
6位:Ayase「夜撫でるメノウ」
7位:HyunA&DAWN「PING PONG」
8位:LISA「LALISA」
9位:Island State Music, Shurkn Pap「Haddaway」
10位:THE ANXIETY, WILLOW, Tyler Cole「Meet Me At Our Spot」

 YOASOBIだけにとどまらない、Ayaseの溢れる才能に注目が集まっている。8月にはBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート「Streaming Songs」で累計6億回再生を突破した「夜に駆ける」によって、名実ともに時代を代表するモンスターユニットになったYOASOBI。その屋台骨を支えるコンポーザー Ayaseが作詞・作曲を務めるボーカロイド曲のセルフカバー「夜撫でるメノウ」がSpotifyバイラルチャートで初登場6位にランクインしている。ボカロ版、セルフカバー版合算でYouTube再生回数が2,000万回近くにも達する人気楽曲「夜撫でるメノウ」が、満を持して音源化された格好だ。

夜撫でるメノウ / 初音ミク

 「夜撫でるメノウ」はTikTokでも反響を呼んでおり、さまざまな弾き語りカバーやリミックス音源が投稿され、関連ハッシュタグの動画再生回数は5,000万回を突破するなど、多方面で話題を呼んでいる。このように人気楽曲でありながら、これまでYouTubeやTikTokでしか聴くことができなかった幻の楽曲「夜撫でるメノウ」が、ファンからの声に応える形で9月8日に待望のストリーミング配信が開始された。

 「夜撫でるメノウ」の原曲は初音ミクによるボーカロイド曲。初音ミク特有のボーカルのデジタルな心地よさは、Ayase自身のボーカルによるセルフカバー版でも健在だ。オートチューンをかけたAyaseのボーカルは、機械的で浮遊感のある質感に仕上がっており、独特の魅力を演出。シンプルで複雑に展開しないビートによって、メロディアスでキャッチーな主旋律がむしろ際立っているように感じる。

夜撫でるメノウ / Ayase (self cover)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる