BTSとColdplay クリス・マーティン、「My Universe」に至るまでの交流 2020年代グローバルスターに求められるもの

 Coldplayがニューシングル「My Universe」で、BTSとコラボレーションすることを発表。9月24日にリリースするという。マックス・マーティンがプロデューサーを務めた本作は、作詞作曲はColdplayとBTSが合同で行ない、英語と韓国語の2カ国で歌われる。まさに世界的人気アーティストの夢のタッグという1曲だ。

 さっそくTikTokの各公式アカウントにて、レコーディング風景を収録したと思われるムービーが投稿されており、Coldplayのクリス・マーティンとBTSのメンバーが身体を音楽に委ねながら気持ちよさそうに歌う姿が映し出されている。まだ楽曲の一部分しか公開されていないものの、そのムービーだけでもポジティブなエネルギーがひしひしと感じられる。

@bts_official_bighit

#ColdplayXBTS #MyUniverse 🪐 Coming Soon..!

♬ My Universe – Coldplay x BTS

 このポジティブさこそ、クリス・マーティンとBTSの大きな共通点だ。彼らは音楽を通じて良い影響や前向きなエネルギーを届け、少しでも世界をより良く変えていきたいと願っている。そして、自分たちが決して特別な存在ではなく「ちっぽけな人間にすぎない」と考えているからこそ、そのスタンスは人気や影響力の高まりと共により強くなっていくのだ。

 その共通点がはっきりと語られたのは、9月10日にBTSが出演したYouTubeオリジナルミュージックショー「RELEASED」のスペシャルエピソードでのこと。クリス・マーティンが登場し「Permission to Dance Challenge」を通じて、お互いの思いを共有する特別な対談が実現したのだ。

BTS (방탄소년단) “Permission to Dance” オフィシャルプレミアパーティー | RELEASED

 BTSの「Permission to Dance」に合わせて踊るショート動画を募集した「Permission to Dance Challenge」は、ダンスが好きな人から不得意な人、娘に頼まれ孫と踊ったおじいさんやおばあさんに、聴覚や視覚に障がいを持つ人たち……と、まさに世界中のARMY(ファン)が参加した。

 BTSは、そのムービーたちをまとめて新たに「Permission to Dance Challenge」バージョンのミュージックビデオも公開。国も、年齢も、性別も、そして1人ひとり異なる個性をも包括し、“世界が一つの曲でつながる“という理想が現実的な形になった。そんな美しい瞬間を見届けたような感動を呼ぶミュージックビデオに仕上がっている。

 クリスはこうしたBTSの活動に「パンデミックの状況で君たちは多くの人々に喜びを与えてきた。簡単にはできない状況だ。君たちへの愛と尊敬の気持ちを感じる」とリスペクト。さらに「君たちの曲やプロジェクトを応援する理由は、自分らしくあるべきと象徴しているからだ。君たちとファンとの団結力も素晴らしい」と絶賛した。

 またクリスが「BTSは今や世界的現象だと思う? それともまだ自信ない?」と問うと、RMが「たまに自分たちに問いかける。僕たちの作った音楽が世界を変えられるのか? 少しでも役に立てるのか? 前向きな影響やパワーを世界に与えられるのか? 何の意味がある? 振り付けや動きの意味は? そして無意味に感じることもある」と自問自答を繰り返してきたことを明かした。「でもファン姿や彼らの目の前でパフォーマンスをするとわかる。彼らのエネルギーや誠実さとメッセージを感じるんだ。それが僕たちが諦めなかった理由。BTSが存在する理由でもある」と続けた。そんなRMをまっすぐに見つめるクリスの眼差しが印象的だった。

 そしてRMは「“世界的“という言葉に関しては、まだその意味をわかってない。でもスタジアムでライブを行った時、多くのことが具体的になった。5万人や6万人の前でパフォーマンスを行なったあの時から、自分たちの意味を確認できたより良い人間やグループにならなきゃと思った。ここにいるすべての人のために」と、大きなステージに立ったからこそ実感したものについて語ると、クリスも共感を示す。「大物になるほどちっぽけな人間だと気づく。自分は大きな物語やつながりの一部に過ぎないとね」。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる