ももいろクローバーZの歴史を紐解く 第1回:“ライブアイドル”としての下積み時代

ももいろクローバーZ 田中将大
ももいろクローバーZ『田中将大』

  ニューアルバム『田中将大』をリリースした、ももいろクローバーZ。結成から13年。メジャーアイドルのなかでもトップ人気を誇りながら、その地位に甘んじることなく、新作のタイトルが象徴するように常に人々の好奇心を刺激し、全力でおもしろいことを追求し続けている。そこで今回から6週にわたり、ももクロのヒストリーを紐解きながら、あらためてグループの魅力を掘り当てる短期連載をスタート。第1回は、結成からメジャーデビューまでの下積み時代を振り返る。

百田夏菜子、玉井詩織の崖っぷちからの生還

 ももクロのマネージャーをつとめる川上アキラ。この人がいなければ、ももクロのストーリーは始まらなかった。筆者は、川上が公表しているプロフィールの内容をよく覚えている。なぜ印象深いのか、それは川上と同じ9月10日生まれだからだ。1974年生まれの川上は、ちょうど5つ歳上。1998年、筆者は大学へ入学し、川上は大学を卒業した。数字と出来事に近しいものもあり記憶に残っている。

 大学卒業後に芸能事務所のスターダストプロモーションに入社した川上は、安藤政信、梅宮アンナらのマネージャーを担当し、さらに沢尻エリカを見出した。かくいう筆者は大阪の出版社在籍中の2005年初頭、映画『パッチギ!』に出演した沢尻をインタビュー。その可愛らしさに惚れ込み、撮ったばかりの彼女の写真を会社のPC画面の壁紙に設定した。

  2007年に沢尻が主演映画の舞台挨拶で騒動を起こして芸能活動を一時休止。川上は、自著『ももクロ流』(2014年)などで、自分の仕事も白紙となり「暇になった」と当時を振り返っている。そんな川上に命じられたのが、スターダストプロモーション芸能3部に若手の女性レッスン生らをあつめて、アイドルグループを制作して発表会を開くこと。ここで手がけるグループが、ももクロの原型となった。2007年10月のことである。

 スタダ芸能3部によるアイドルプロジェクトは、川上曰く、ももクロの初期メンバーとなる高井つき奈を中心に構成され、高城れにもメンバーとして名を連ねていたという。興味深いのは、百田夏菜子、玉井詩織のプロジェクト参加のエピソードだ。ふたりはちょうど10月に契約が切れるはずだった。スタダでは、間もなく契約が切れるタレントのプロフィールが「最後のお知らせ」として社内で回るという。

  川上は『ももクロ流』で、「百田と玉井のプロフィールには「特技:ダンス」と書いてありました。今でこそ学校にもダンスの授業がありますが、当時はまだ特技に「ダンス」と書く子は多くなかったんです。そこで百田と玉井を3部に入れることにしたのです」と、ふたりを引き上げた。まさに崖っぷちから生還。スタダ3部のアイドルプロジェクトは、高城らを交えてすでにグループ作りが進行していたが、メンバーの入れ替えもあって、同年末に百田、玉井が加わった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる