NMB48、新プロジェクト『NAMBATTLE』突然の発表から1カ月 白間美瑠&小嶋花梨&安部若菜が明かす、現在の心境

NMB48、新プロジェクト『NAMBATTLE』突然の発表から1カ月 白間美瑠&小嶋花梨&安部若菜が明かす、現在の心境

白間「新しい戦いを求めたいですね」

ーーここでみなさんが所属するグループをそれぞれ紹介してほしいのですが、まずは白間さんのみっくすじゅーすはどのようなグループですか?

白間:みっくすじゅーすは可愛いの寄せ集めですね。元気可愛いだったり、ぶりっ子可愛い、ふわふわした可愛さだったり。どこを見ても可愛いが貰えるメンバーだなと思います。

ーー公演では梅山恋和さんが積極的にリーダーシップを取っている姿も印象的です。

白間:恋和には、これからのNMB48を引っ張っていく、熱い気持ちを持ってもらいたいと思っているので、「難波愛」だったりかっこいい曲も恋和をセンターにしています。力強さが恋和には欲しいなと思ったので、そういう部分では恋和を選んでいるところもありますね。

ーー現時点でほかのグループに負けていないポイント、公演を終えての課題はありますか?

白間:可愛さは負けてないと思うんですけど、改善する点はめちゃくちゃありましたね。自分の意見を言わない子が集まっているんですよ。MCでもそういうところが出ちゃってるので。人任せにせず、もっとグイグイ来ていいんだよっていうのが改善すべき点だなと思います。

ーー2人から見た、みっくすじゅーすはどうですか?

小嶋:くじ引きをした時点で「あーもう素晴らしい。王道アイドルのグループが出来たな」って思いました。私の一推しグループなんですけど、アイドルファンが求めてる要素は、みっくすじゅーすが一番多く持ってるとすごく感じました。これからNMB48を引っ張っていくであろう子たちが揃ってるグループだからこそ、期待度が高い分、もっと強さとかいろんな表情のみっくすじゅーすが求めたくなるんだなと思いました。

安部:ちょっとの仕草も可愛くって、アイドル力がすごいのは公演を観ても伝わってきました。FRONTIER的には点数の差が一番近かった(1クール目)グループなので、みんなで勝手にライバル視してます(笑)。可愛いところも真似したいなと思うところは多いですね。

白間:そんな期待されてるメンバーがいるからこそ、もっと上に行かないといけなかったのに、圧倒できなかったのがめちゃくちゃ悔しいですね。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ーーでは、きゅんmartについて、小嶋さんお願いします。

小嶋:経験値の高いメンバーが多かったり、安定感がすごいです。キャプテン経歴があるメンバーも私と(渋谷)凪咲さんがいるし、希依音は『次世代コンサート』でもリーダーをしていることもあって、ぎこちなさがない。みんな周りを見られるのでバランスはいいのかなと。ダンスの苦手なわかニャン(隅野和奏)が一生懸命ついてきてくれていることも、きゅんmartにとっていい刺激になりますし、凪咲さんは仕事がお忙しい中でも一番練習しているんじゃないかってくらいで。本番初日も朝一番に来ていたのは凪咲さんだったりして、そういう姿を見せてくれているから、みんなが刺激し合ってお互いを尊重し合っていられるなって思います。初日の公演の前には全員で円になって、それぞれのいいところを言い合ったりして和む感じです。

ーー公演のアンコールで披露した「嘘つきマシーン」は前日に振り入れをしたとのことですね。

小嶋:そうなんですよ。リハーサルが始まったのが本番まで24時間を切っていたんです。大変だったんですけど、よく7期生はついてきてくれたなって思います。あのスピードについてくるにはまだ加入の時期的にも早すぎるんじゃないかなと思うけど、2人はかなり成長してるなって感じます。

ーー2人から見て、きゅんmartはどういった印象ですか?

白間:みんな仲良しって感じでMCの団結力がすごかったですね。みんな心が通じ合ってるんだなって観ていて思いました。

安部:曲中に目を合わせるとかもしてはったり、楽しそうって思いました。こっちも笑顔になっちゃうようなグループやなと思います。

小嶋:やっぱりそうかって感じです(笑)。

一同:ははははは(笑)。

小嶋:周りからもいい雰囲気なのが伝わってるのがよかったなとは思います。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ーー安部さんの所属するFRONTIERはどのようなグループですか?

安部:FRONTIERは一番素直な人が集まってるんじゃないかなってくらい、みんなで意見を出し合ったりしていて、振付を揃えたりするのも得意なんですけど、FRONTIERと言えばというものがまだなくって、どんなイメージを作っていくのかが課題です。一番何が起こるのかが分からないグループなのかなと思います。

ーー公演で「FRONTIERは“課題は勉強”」だと言っていましたね(笑)。

安部:リーダーが字を読めないので(笑)。レッスン中でも「その言葉ってそういう意味やったんや」とか。

白間:可愛い(笑)。

ーーリーダーの中野美来さんは、小嶋チームBIIの解体に涙を流し、その悔しさをバネにFRONTIERでリーダーに立候補したメンバーですよね。

小嶋:唯一、一人だけ涙を流してくれたので嬉しかったです。美来はもともとそういう強い気持ちを持ってる子というのは知っていたので、それをしっかり行動に移そうとしてくれているのはすごく嬉しいです。一生懸命な分、空回りするところもあったりすると思うから、わかぽん(安部若菜)がちゃんと副リーダーで付き添ってくれていることが私は安心して見ていられます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ーー3月2日にはオリックス劇場で『NAMBATTLE ~戦わなNMBちゃうやろっ!~』決勝大会が開催されます。

小嶋:決勝大会で何をするのかを私たちも知らないのでビクビクしていますけど、最終日にみんながバチバチとバトルをして、より全員の気持ちがもっと強くなったらと思います。

ーーその翌日には『山本彩加卒業コンサート 〜最後の一色〜』が開催されます。白間さんは先輩として、小嶋さんは同期として、安部さんは後輩としての視点から、山本彩加さんがどのようなメンバーだったのかを聞かせてください。

白間:あーやんはめちゃくちゃしっかり者で、NMB48のこれからを引っ張ってくれるんだろうなっていう時に卒業ということで悲しかったんですけど、後輩に伝えることはたくさん伝えてくれたと思うし、私にとってあーやんはいろいろしてくれた優しい、後輩の中でもめっちゃ仲いいメンバーですね。ご飯行ったりとか、ホテルの部屋に泊まりに行ったり、化粧を落としてくれたりだとか(笑)。後輩なんですけどお姉ちゃんみたいな、でも可愛い部分もあったり。だから寂しいですね。もっとNMB48にいて欲しかったなというのはあります。

小嶋:同期としては誰よりも先頭に立って5期生に刺激をくれた存在でした。あーやんがいたから5期生みんなが背中を追うように選抜入りを果たしたり、自分の強みはなんだろうと見つけられていました。ずっとチームも一緒でどんな活動においてもあーやんがいたから、私がキャプテンとして見えない部分をあーやんが補ってくれていただろうし。『10周年記念コンサート』や『次世代コンサート』の時に、ずっと一緒に後輩の面倒を見てくれたりして、私はキャプテンとして、あーやんはエースとして2人で違う立場からNMB48を引っ張っていく存在になれるのかなって感じていた部分があったから、そうなれなくなったのは寂しいです。でも、卒業の理由自体もあーやんらしいから止める気持ちもなかったし、応援するしかないなって思います。

安部:まさにお手本となる先輩やなっていつも思っていて、レッスンでも覚えてない時を見たことがなかったり、「あーやんさんだったら絶対覚えてくるから自分達も覚えていこう」みたいな会話があったりだとか。現場でも挨拶だったりを全部きっちりされていて、アイドルに教科書があったら絶対この人なんやろうなっていう先輩です。

ーー『NAMBATTLE』を通じて、NMB48はどのように変わっていきそうですか?

小嶋:初めての役割を担当してみて気づいたこともあったと思うし、自分に対しても、グループに対しても責任感が芽生えたんじゃないかなって思うので、NMB48としてどれだけ成長したのかが分かる何かができたらなとは思っています。

白間:この『NAMBATTLE』でグループでまた大きくなって。一人ひとりがいろんなことに挑戦していって強くなっていったからこそ、また戦いをしたいですよね(笑)。グループじゃなくて次は一人ひとりみたいな。

小嶋:したい! したい!

白間:また一つ上の段階に行けるのかなって。まずは『NAMBATTLE』でグループとしての熱さだったり、成長をしてからの話ですけど。常に戦っていくのは大事やなって、『NAMBATTLE』を通して思います。新しい戦いを求めたいですね。

ーーバトルが癖になっちゃってますね(笑)。

白間:そうですね。NMB48なんで(笑)。

ーー次のシングルはAKB48グループとしても異例の作品になりそうですよね。NMB48の独自のカラーがさらに強まったプロジェクトというか。

白間:もともとNMB48ってそんな感じだったっていうのを思い出させるような企画でもあるなと思いました。シングルにしてもちょっとぶっ飛んでる曲とか歌詞だったり、NMB48に求められてるのって普通のものじゃなくて「そんなことをしちゃうの!?」ってびっくりするようなことだと思うので、またそれが徐々に戻りつつあるのかなと思いますね。

ーー新たな兆しとしては、最近は劇場公演にまた新規の女性ファンが増えているそうですね。

小嶋:かなり増えてるみたいですね。SNSの活動が主になってきていたので、若い女の子たちが注目して観に来てくれている印象です。すごいキャピキャピなふわふわ文字のうちわを持ってくる子も増えてきて。

安部:もともと好きだったけど、この『NAMBATTLE』をきっかけにDMM(NMB48 LIVE!! ON DEMAND)に入ったっていう女の子もけっこういたりして、以前のチームと比べて少人数で公演をするのもよかったのかなと思います。

■公演概要
『NAMBATTLE公演~舞~』3クール目
2月15日(月)18:30開演 W1N-C
2月16日(火)18:30開演 みっくすじゅーす
2月18日(木)18:30開演 LeopAje
2月19日(金)18:30開演 きゅんmart
2月20日(土)13:00開演 ちょうぜつかわE
2月20日(土)18:00開演 FRONTIER

NMB48の劇場公演は【NMB48 LIVE!! ON DEMAND】および【VR SQUARE NMB48チャンネル】で全編視聴可能

『NAMBATTLE~戦わなNMBちゃうやろっ!』詳細
<劇場公演について>
約1時間のセットリスト公演を行い、審査員が100点満点で採点。
順位に応じた「ナンバッジ」を獲得できる。
・1位 10ナンバッジ
・2位 8ナンバッジ
・3位 6ナンバッジ
・4位 4ナンバッジ
・5位 2ナンバッジ
・6位 1ナンバッジ

<生配信イベントについて>
「運」「体」「知」「伝」「笑」をテーマに毎週日曜日に生配信
各グループから代表メンバー2名が出演
・1位 5ナンバッジ
・2位 4ナンバッジ
・3位 3ナンバッジ
・4位 2ナンバッジ
・5位 1ナンバッジ
・6位 0ナンバッジ

<ファン投票について>
ファンの皆さんには応援したいグループに投票可能
【投票権】
NMB48 Mobile/NMB48 Mobile Mail
DMM NMB48 LIVE!! ON DEMAND
新YNN NMB48 CHANNELの会員
(※1アカウントで1 票投票が可能。投票期間は4回有り)

NMB48「NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜」決勝大会 オンライン配信チケットはこちら

NMB48「山本彩加卒業コンサート~最後の一色~」オンライン配信チケットはこちら

「NAMBATTLE ~戦わなNMBちゃうやろっ!」特設サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる