NMB48、初の試みとなるチーム解体へーー新プロジェクト『NAMBATTLE』発表から現在までを振り返る

NMB48、初の試みとなるチーム解体へーー新プロジェクト『NAMBATTLE』発表から現在までを振り返る

 NMB48が新たなプロジェクトを始動している。それが元日配信『2021 NMB48 新春お年玉特別配信!』の中で発表された新プロジェクト『NAMBATTLE ~戦わなNMBちゃうやろっ!~』だ。

 これまでもNMB48は『新春特別公演』でチームを再編した「大組閣」や研究生の昇格などの動きを見せていたが、今年はチームN、チームM、チームBIIを解体し、7期研究生を含めたメンバー全員を6つのグループに抽選で振り分けることが発表された。優勝したグループには、NMB48の次回リリース作品にて新曲およびMV撮影の権利が与えられ、劇場公演もスタート。そのほかメディア露出も調整されている。バトルの種目は「劇場公演」「配信イベント」「ファン投票」の3つ。1月下旬より約1カ月間実施し、3月2日に大阪・オリックス劇場にて『NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜決勝大会』が開催となる。

 プロジェクトのスタートとともに、解体となった既存の3チームは、1月中に千秋楽的位置づけの公演を実施し、それがチームでの最終活動日となる予定だ。NMB48キャプテンの小嶋花梨が劇場内の柱に記念のテープを貼るセレモニーからスタートした『2021新春特別公演』は、昇格が発表された6期研究生の2人に続き、7期研究生、チームN、チームM、チームBIIと順にパフォーマンスが披露されていたが、今思い返すと残り数少ない劇場公演だったことにもなる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 毎年恒例の書き初めを披露したチームNに、6人編成という新たな「ハートの独占権」をパフォーマンスしたチームM。チームBIIは加藤夕夏による新しい振付での「Be happy」がお披露目となっている。歌詞ともマッチしたこのダンスが観られるのは貴重な劇場公演となりそうだ。

 「だってだってだって」で梅山恋和とともにセンターを飾った山本彩加の卒業コンサートも、決勝大会の翌日に同会場で開催が決まった。卒業後は芸能界から引退し、看護の道に進む山本。10周年イヤーは特に卒業生がサプライズ出演といったことが続いたが、梅山と上西怜とのユニット・LAPIS ARCHも含め、山本がアイドルとしてステージに立つのは正真正銘、残り2カ月となる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる