NMB48、吉田朱里の初センター&卒業シングルがオリコン首位 個性豊かなカップリング曲に見られる“グループの強み”

参考:https://www.oricon.co.jp/rank/js/w/2020-11-30/

 コロナ禍もあり、現在ではアイドルがYouTubeでさまざまな動画の配信をすることがごく普通になっています。そんな状況で思い出すのは、2年前、すでにYouTubeをやっていた、あるアイドルの女の子に理想のYouTuberの名前を聞いたところ、NMB48の吉田朱里の名を挙げていたことでした。メイクなどの「女子力」動画で、すでに吉田朱里は確固たる地位を築きあげていました。

NMB48『恋なんかNo thank you!』

 そして、そんな吉田朱里の卒業シングル曲であり、彼女が初めてセンターを務めたのがNMB48の「恋なんかNo thank you!」です。11月30日付のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得し、通算21作目のシングル1位獲得となりました。

 「恋なんかNo thank you!」のMVは、吉田朱里が他のメンバーのためにメイクアップアーティストや衣装を用意し、YouTubeの撮影を模したシーンも挿入されるなど、まさに彼女が築いてきたものをNMB48で表現する内容です。そして、フックをきかせまくったサビのメロディが強力。作曲の杉山勝彦は乃木坂46に多くの楽曲を提供しており、「制服のマネキン」や「サヨナラの意味」、2021年1月発売予定の「僕は僕を好きになる」も作曲しています。エレキギターやストリングスを前面に押し出した編曲は、48グループのアレンジの要である野中“まさ”雄一。堂々の48歌謡、といった感もあります。

【MV】恋なんかNo thank you! / NMB48

 そうしたスタイリッシュな「恋なんかNo thank you!」と対を成しているのが、カップリングの「アイラブ豚まん」。大阪のローカル色の濃い歌詞とともに歌われるポップなナンバーで、多用されているフルートの音色がいいアクセントになっています。

【スペシャルムービー】アイラブ豚まん / NMB48

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる