BABYMETAL、結成10周年&最終楽章へ向かう様々なアクション BMTHら作品参加、大型音楽番組出演……2020年の動向を追う

 BABYMETALが今年10月10日で結成10周年を迎えた。これを機に、年末から2021年前半にかけてのBABYMETALは大きな活動が続く。12月12日にはグループをサポートする『THE ONE』メンバー限定で“聖地”目黒鹿鳴館を舞台にしたパフォーマンスを含むオンラインライブ『STAY METAL STAY ROCK-MAY-KAN』を開催し、同月23日には初のベストアルバム『10 BABYMETAL YEARS』をリリース。2021年1月19日からは日本武道館で計10公演が行われる単独ライブ『10 BABYMETAL BUDOKAN』がスタートする。さらに、12月21日放送の『CDTVライブ!ライブ!クリスマススペシャル』(TBS系)を筆頭に、25日には『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020』(テレビ朝日系)、31日には『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)と大型音楽番組への出演が続く。これまでは海外ツアーをベースに、ライブを軸にした活動が中心であり、テレビ番組出演は数えるほどしかなかった彼女たちだが、この年末は10周年を機にBABYMETALをお茶の間で目にする機会が一気に増えることになる。

BABYMETAL『10 BABYMETAL YEARS』(通常盤)
BABYMETAL『10 BABYMETAL YEARS』(通常盤)

 思えば今年1月25日、26日に3rdアルバム『METAL GALAXY』を携えたワールドツアーの一環として、『METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW「LEGEND – METAL GALAXY」』と題した日本追加公演を行なった際、エンディングにてBABYMETALの“最終楽章”『METAL RESISTANCE EPISODE X』に関しての告知がアナウンスされた。あの時点では「2020年のBABYMETALはどんな活動を見せてくれるのか……」と、期待と不安が入り混じった複雑な感情を抱いたが……実際のところはご存知のとおり、ここ日本も2月以降に感染拡大が本格化した新型コロナウイルスの影響で、2月〜3月初頭に実施された欧州ツアーを除き、3月後半から予定していたアジアツアーと6月からの欧州ツアーを断念せざるを得ない状況に陥る。

 その間にも、5月13日には昨年10月のLA公演を収めた『LIVE AT THE FORUM』、9月9日には今年1月の幕張公演を収録した『LEGEND – METAL GALAXY』がそれぞれBlu-ray&DVD化(後者はライブCDも発売)。グループの公式YouTubeアカウントでは4月に東京ドーム公演(2016年9月開催)、5月にイギリス・Wembley Arena公演(2016年4月開催)、6月には広島グリーンアリーナ公演(2017年12月開催)と過去のライブ映像が限定公開されるなど、“ステイホーム”期間にライブへの飢餓感が増し続けるファンに向けてさまざまなコンテンツが提供された。特にYouTubeでの過去ライブ配信をきっかけに、BABYMETALのフルライブを目にしたという方も多かったのではないだろうか。

 予定されていたワールドツアーが行えず、表立った活動が途絶えてしまったBABYMETALだが、その間も彼女たちは秘密裏に“次のアクション”を準備していた。その代表的な例が、7月に公開されたコリィ・テイラー(Slipknot、Stone Sour)のMV「CMFT Must Be Stopped (feat. Tech N9ne & Kid Bookie)」へのカメオ出演と、10月末にリリースされたBring Me The Horizonの新曲「Kingslayer ft. BABYMETAL」へのゲスト参加だろう。前者はコリィの初ソロアルバム『CMFT』からの先行配信曲で、MVにはロブ・ハルフォード(Judas Priest)、ラーズ・ウルリッヒ(Metallica)、マリリン・マンソンなどの重鎮とともに、ここ日本からはBABYMETALとマキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン)が参加。出演はほんの数秒だが、久しぶりに“動く”BABYMETALの最新の姿を目にできてうれしかったというファンも少なくないはずだ。

Corey Taylor – CMFT Must Be Stopped (feat. Tech N9ne & Kid Bookie) [OFFICIAL VIDEO]

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる