あいみょんが最優秀ビデオ賞獲得 瑛人、JO1、NiziU、日向坂46ら出演『MTV VMAJ 2020 -THE LIVE-』全アクトレポ

あいみょんが最優秀ビデオ賞獲得 瑛人、JO1、NiziU、日向坂46ら出演『MTV VMAJ 2020 -THE LIVE-』全アクトレポ

 『MTV VMAJ 2020 -THE LIVE-』が11月19日、都内某所で開催された。“ミュージックビデオの祭典“として毎年行なわれている同イベントは、「今年の音楽シーンを彩った世界基準の優れたミュージックビデオ(以下、MV)」を輩出したアーティストが、「MTV VMAJ」の受賞者として出演。一般投票による「最優秀ビデオ賞」も発表された。今年は無観客での開催となり、事前収録されたパフォーマンスなどは、11月29日にMTVで放送、Huluでも配信が決まっている。本レポートでは、事前収録の模様をお届けする。

 マカロニえんぴつは、「恋人ごっこ」で最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞を受賞。同曲のMVを通して出会ってくれたファンが沢山いることについて触れ、MVの存在の大きさを改めて噛み締めていた。賞を受賞した「恋人ごっこ」では、オレンジとピンクのスポットに包まれると、瞬く間にマカロニえんぴつの世界観を展開。「mother」では、先ほどのポップな雰囲気とは一転し、イントロでメンバーにスポットライトがあたると、歌声を会場に響き渡らせ、感情を込めた演奏を行った。

 「MTV Breakthrough Song」を受賞したのは、今年「香水」が大ヒットした瑛人。同曲でギターを担当する小野寺淳之介とパフォーマンスを行った。1億回の再生数を記録している「香水」のMVを彷彿とさせるセッティングで歌唱した。天然キャラとして知れ渡りつつある瑛人だが、この日も授賞式で贈られたトロフィーを独特な持ち方をしたまま、コメント収録に臨んだ。そんな様子を見て、小野寺が思わず「ガテン系……?」とツッコミも入れる場面も。その後も2人のコンビネーションは場を和ませ、即興セッションを随時挟みながら、収録は行われた。MVとは一味違うアングルにこだわった演出にも注目だ。

 今年デビューしたJO1はメンバー全員、黒ジャケットでキメて登場した。今後の躍進が期待される新人に贈られる特別賞「Rising Star Award」を受賞したJO1。メンバー間のリハーサルは川尻蓮を中心に進行され、ダンスの確認やフォーメーションの調整などでは細やかな箇所まで気を配っていた。リハーサル映像を確認すると、メンバーからは「かっこいい」「すごい」との声が上がる。この日何度もリハーサルや収録を繰り返していた中、場の雰囲気を明るくしようと終盤では河野純喜が「世界を明るくしようぜ!」と新曲にちなんだエールを何度も発し、本番開始ギリギリまで練習を続けていた。メンバーからも好評だったダイナミックなカメラワークで届けるデビュー曲「無限大(INFINITY)」と最新曲「Shine A Light」には、放送でも大いに期待だ。

 『第71回NHK紅白歌合戦』初出場が決まり、注目度が上がっているBABYMETALは、『METAL GALAXY』で最優秀アルバム賞を受賞した。この日は炎を用いた演出で、同作収録曲「PA PA YA!!(feat. F.HERO)」を披露。お馴染みのメタリックな衣装とデビュー当初からのトレードマークでもあるヘアスタイルは、この日も健在。SU-METALの突き抜けるような歌声とMOAMETALとのダンスのキレで、神聖なパフォーマンスを魅せる。熱い中、終始ハイテンションでパフォーマンスをするそのパワフルさには、世界を股にかける頼もしさも垣間見せた。

 昨今大注目のNiziUは、「Make you happy」で最優秀ダンスビデオ賞を受賞。今や老若男女に大人気である同楽曲でカラフルなステージを披露した。この日は、ピンクと黒を基調とした大人っぽい衣装で登場。リハーサルでは何度も歌の確認をするメンバー。特に、ラップパートの掛け合いの練習が始まると、次第にメンバー全員がノリノリに。MIIHIに加え、MAYAも体調不良から活動に参加できないことが発表されたばかりであるが、この日7人のメンバーは互いに励まし合いながら臨んでいたのが印象的だった。

 日向坂46は、「青春の馬」で最優秀振付け賞を受賞し、昨年に引き続き2年連続での登場となった。メンバー全員が青系統のワンピースに身を包み、スカートをヒラヒラとさせながら、元気いっぱいのパフォーマンスを披露。この日最も多い人数でのパフォーマンスとなった日向坂46は、華やかなステージの端から端まで埋め尽くした。今回披露した「アザトカワイイ」と「青春の馬」は、日向坂46の魅力を前面に引き出し、全力で届けた。特に、「アザトカワイイ」でセンターを務める佐々木美玲の“あざとさ”は、ファンにとっては堪らないものとなっていることだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる