優里「ドライフラワー」豊かな感情表現でバイラルチャート好調 男女の視点を的確に描いた歌詞と“揺らぎ”のある歌声

参照:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(11月26日公開:11月19日~11月25日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Broken kangaroo「水平線」
2位:優里「ドライフラワー」
3位:Ado「うっせぇわ」
4位:LiSA「炎」
5位:HAND DRIP「言えない」
6位:SEKAI NO OWARI「silent」
7位:Eve「廻廻奇譚」
8位:Felixsa Jochen「On Fire – Single Edit」
9位:ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLO」
10位:松原みき「真夜中のドア〜Stay With Me」

優里「ドライフラワー」

 今回は2位にランクインした男性シンガーソングライター、優里の「ドライフラワー」を取り上げたい。

 彼は、2020年以降のバイラルチャート界隈ではすでに知られた存在だが、その名前が広く知られるようになったのは「かくれんぼ」のロングヒットが理由だろう。2019年12月1日にデジタルシングルとしてリリースされた「かくれんぼ」は、Spotifyのバイラルチャートでは、2020年4月27日付のデイリーチャートに15位で初登場。5月17日付のデイリーチャート4位を最高位に、以降も長い間バイラルチャートにランクインし続けた。リリースから1年経った今でもミュージックビデオの再生回数は伸び続け、現在2000万回再生を突破している。さらに、人気YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』内のコンテンツ「THE HOME TAKE」で7月10日に同曲が公開された際には、YouTube急上昇動画ランキング4位に入り、この春以降、彼の存在が右肩上がりに注目されていたことが伺える。ちなみに、「かくれんぼ / THE HOME TAKE」の再生回数は700万回を突破している。

優里「かくれんぼ」Official Music Video
優里 – かくれんぼ / THE HOME TAKE

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる