Uruが作り上げた、リスナーとの親密感のあるステージ ルーツと色彩豊かな魅力を見せた初のオンラインライブレポート

Uruが作り上げた、リスナーとの親密感のあるステージ ルーツと色彩豊かな魅力を見せた初のオンラインライブレポート

 シンガーソングライターのUruが、9月6日、初のオンラインライブ『Uru Online Live 2020 “あなたと私”』を配信した。生ライブの定番となっている紗幕を使った演出ではなく、“あなたと私”をコンセプトにした今回の公演。オリジナル曲、カバー曲を織り交ぜながら、リスナーと1対1で向き合うような親密感のあるステージが繰り広げられた。

 最初に聴こえてきたのは水滴の音、そして、クラシカルな弦の響き。水面が広がる幻想的な映像、シックなライティングとともに披露されたオープニング曲は、「今逢いに行く」。この夏、小松菜奈が出演したMVが話題を集めたバラードナンバーだ。繊細な感情がすれ違い、それでも愛する人のもとに行こうとする姿を描いた楽曲を美しく描き出すボーカルに胸をギュッと掴まれる。さらにピアノのイントロから「奇蹟」へ。生きる喜び、生命のつながりを綴った歌詞が響き、大きな感動へと結びつく。ソフトフォーカスを効果的に使った柔らかい映像もUruのボーカルの魅力、ミステリアスな佇まいを際立たせていた。

「初めての配信ライブ“あなたと私”を見てくださって、ありがとうございます。予定していたライブが延期になってしまったり、中止になってしまいましたが、今回、配信ライブという新しい形でお届けすることができて、嬉しく思っております」

「みなさんはどんなふうに聴いてくださってるでしょうか。ソファに座りながらとか、ごはんを食べながらとか、お酒を飲みながらとか。こんなふうにちょくちょく話しかけていこうかと思うので、その場所でお返事いただけたらと思います」

 と、語り掛けた後は、カバー曲とオリジナル曲を織り交ぜたセクションへ。まずはwacci「別の人の彼女になったよ」。Hidenoriのピアノと飯塚直斗のアコギによるアコースティックなアレンジとともに、息苦しいまでの切なさをたたえた歌が紡がれる。原曲の良さを大切にしながら、憂いを帯びた表情を重ねることで“Uruの歌”が生まれるシーンは、このライブの最初のハイライトだったと思う。続く「remember」は、Uruのシングル曲。〈愛されたいと本当はもがいていた〉に象徴される別れの寂しさを描写した歌詞は、「別の人の彼女になったよ」とのつながりによって、新たな物語を生み出していた。

 モノクロの映像で披露された「いい女」も強く心に残った。恋人との別れのシーンを叙情的に綴ったバラードだが、独特のブルーズ感、昭和の歌謡曲にも通じるノスタルジックな雰囲気を現代的なポップスに導くセンスもまた、シンガーソングライターとしての彼女の魅力だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる