川崎鷹也「魔法の絨毯」リリースから2年経ってバイラルTOP10に カバーによって再発見された“サブスク時代のヒット曲”

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(8月27日公開:8月20日~8月26日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:米津玄師「Lemon」
2位:米津玄師「馬と鹿」
3位:米津玄師「ピースサイン」
4位:米津玄師「Flamingo」
5位:米津玄師「パプリカ」
6位:もさを。「ぎゅっと。」
7位:米津玄師「海の幽霊」
8位:川崎鷹也「魔法の絨毯」
9位:米津玄師「LOSER」
10位:オレンジスパイニクラブ「キンモクセイ」

 依然チャートを席巻している米津玄師。日本を代表する若手シンガーソングライターともいえる米津玄師だが、そんな彼に挑戦するかのごとくチャートを駆け上っているのが川崎鷹也「魔法の絨毯」だ。

 川崎鷹也は1995年生まれのシンガーソングライター。米津玄師と同じ90年代生まれのシンガーソングライターである彼が今週のバイラルチャートで真っ向勝負を仕掛ける格好になった。米津玄師の代表曲「LOSER」をおさえて8位にランクインした「魔法の絨毯」はどのような楽曲なのだろうか。

川崎鷹也『I believe in you』

 まず、特筆すべきは「魔法の絨毯」は2018年にリリースされたアルバム『I believe in you』に収録されている楽曲であるということだ。このアルバムは川崎鷹也が所属していた音楽プロジェクト「Bocco.」が2017年に解散した後に初のソロプロジェクトとしてリリースされた作品である。「魔法の絨毯」のようにリリースから約2年が経過した楽曲にあらためてスポットライトがあたることは非常にめずらしいのではないだろうか。その要因としては複数考えられるものの、Spotifyに代表されるような音楽サブスクリプションサービスの普及とSNSによる口コミ効果が起点となっていることは間違いない。

川崎鷹也「魔法の絨毯」

 過去の楽曲に気軽にアクセスできる音楽サブスクリプションサービスは最新楽曲に偏りがちなチャートの構造を大きく変容させた。これまでCDショップなど小売店を主な接点としてきたリスナーは店頭の目立つ場所に陳列された最新楽曲や在庫の確保されたすでに人気を獲得しているアーティストのCDに触れることはできるものの、リリースから年月が経過し、ましてやリリース当時あまり注目を浴びなかったアーティストのCDを手に取ることは難しかった。しかし、音楽サブスクリプションサービスの登場以降、楽曲が配信さえされていれば全ての楽曲に対して平等にアクセスができるようになった。過去楽曲も最新楽曲と同列に並べられるだけでなく、再生回数さえ多ければ、最新楽曲より上位に表示されることさえありえる。このように音楽サブスクリプションサービスの登場と普及により過去の楽曲であってもチャートインしやすい環境が整ったのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる