乃木坂46 齋藤飛鳥&梅澤美波&山下美月が『バナナサンド』出演 先輩後輩関係を超える『映像研』トリオの絶妙なバランス

 乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月が、本日8月19日放送の『バナナサンド』(TBS系)に出演する。

テレビドラマ『映像研には手を出すな!』 Blu-ray BOX(完全生産限定盤)

 『バナナサンド』は、バナナマンとサンドウィッチマンがMCを務めるトークバラエティ番組。今年7月1日よりレギュラー放送を開始し、星野源からさまぁ~ず、数原龍友と関口メンディー(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、ヒロミなど、幅広いジャンルの豪華ゲストが出演している。中には、星野源を始めとしたバナナマンと親密な関係性のあるゲストも多く、今回の乃木坂46の3人もそれに数えられるだろう。

 齋藤、梅澤、山下の3人と言えば、9月25日より公開となる映画『映像研には手を出すな!』出演のトリオ。番組ではこれまでのゲスト同様、公式お兄ちゃんであるバナナマンが中心となり、3人を深堀りしていく展開となるはず。そこで注目されるのは、『映像研』トリオの関係性だ。

 齋藤は1期生の22歳、梅澤は3期生の21歳で齋藤と同学年、山下は3期生の21歳という先輩後輩にあたる。すでに番組詳細で明らかになっているのが、齋藤が相談する「後輩からナメられてる」という悩み。それはバナナマンもよく知る、“やり合う”齋藤と山下だ。

ドラマ『映像研には手を出すな!』最終回直前!リモート作戦会議
【乃木坂46 山下美月1st写真集『忘れられない人』】飛鳥さんと美月のオフショムービー♡

 『映像研』の撮影が始まったのは、昨年の秋頃。映画公開に先駆けて今年4月から放送となったドラマ版には、山下演じる水崎ツバメが橋から川にダイブするシーンがある。過酷な撮影を成功させた山下に、齋藤は先輩の立場として木箱に入ったチョコレートをプレゼント。『乃木坂46時間TV』(ABEMA)でも、撮影中に齋藤が2人に見せたさりげない気遣い、先輩としての偉大な背中を山下と梅澤が熱弁している。そこで目に見えて距離が近くなっていったのが、齋藤と山下。『映像研』の撮影中も、ロケ地の茨城県の名物である干し芋を使っていじられた齋藤が「何年、先輩?」と山下を言い聞かせることもしばしばだった。

 そこから、3カ月間の撮影を経て、山下の齋藤への接し方は「心から尊敬する」「愛してやまない」と太鼓持ちを誇張させたようないじりに変化。山下の素の部分が出ている証拠なのだが、それを齋藤が呆れ顔であしらうというのがお決まりのパターンとなっている。齋藤と山下が中心となったミルクボーイ風の漫才や山下の写真集『忘れられない人』を齋藤がなんだかんだ褒めるという仲良しの関係性から、さらに山下は攻めにいく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる