KALMAが見せた、たくましさとバンドの可能性 パワフルなステージ届けた配信ライブ

KALMAが見せた、たくましさとバンドの可能性 パワフルなステージ届けた配信ライブ

 北海道出身・在住の若き(今年成人!)3ピースバンド、KALMAが7月26日に配信ライブ『「へいらっしゃい!あらお客さんご無沙汰だね!元気にしてた?いや〜大変な世の中になりましたね〜久しぶりに大将の顔見れて嬉しいです!お客さんまた来てくれてありがとね〜!今日はたっぷりサービスするよ!それで今日は何にしましょ?じゃあ、いつもの元気が出る系で!へいよっ!」〜配信ワンマンライブ2020夏 in 札幌からお届け〜』(タイトル長っ!)を行った。今年3月に2ndミニアルバム『TEEN TEEN TEEN』でメジャーデビューした彼ら。しかし、新型コロナウイルスの影響で、その後のツアーは延期や中止に見舞われた。出鼻をくじかれて、心が折れてもおかしくない状況だと思う。しかし、こんな時だからこそ露わになる本質が炸裂した、パワフルなライブを彼らは見せてくれた。

 配信スタートは連休最終日の14時。チャットには「楽しみ」「たのしみ」「^-^」といった文字ばかりが並ぶ。視聴者の数が増えていく中、いよいよ配信がスタート!……と思いきや、映し出されたのは何故かラーメン屋の屋台。おもむろに大将と雑談をはじめる3人。戸惑うチャットの声。長いタイトルは、この布石だったのか? 考える間もなく、3人はステージに向かって歩き出す。どうやら、屋台があるのはライブハウスのフロア! お客さんがいない状態を逆手にとって、やりたいことを実現しているかのようだ。た、たくましい! 

 それでもステージに上がると、慣れない状態に緊張する表情が覗いたが、3人で顔を見合わせ、1曲目の「デイズ」がはじまると、のびのびと歌い鳴らしだす。特に畑山悠月(Vo/Gt)は、「気持ちいい!」と満面の笑顔だ。きっと、ライブハウスで大きな音で歌い鳴らすことを、心から欲していたんだろう。続く「くだらん夢」では、畑山の歌声と斉藤陸斗(Ba/Cho)、金田竜也(Dr/Cho)の歌声が重なり、どんな時でも変わらない3人の結びつきを感じる。さらに「SORA」では、マイクを掴んで歌う畑山から、画面を通して届けるという気概が見える。1曲1曲のパフォーマンスから、溢れんばかりのメッセージが伝わってくるのだ。

 演奏がメッセージになっているぶん(?)、MCは黒髪に変えた金田をいじるなど力の抜けたトークを展開。畑山が「今のってお客さんにも聞こえているんですか?」と言い、チャットで「きこえてますよ!」とツッコミが入っていたほどだ。しかし、畑山が「普段は味がないものは飲まないけど、歌った後に飲んだらめっちゃうまい」と言いながら水をゴクゴク飲むシーンは、彼にとって歌うことが“味”になっているからじゃないかなあ、なんて深読みしてしまった。

 そして、親心をくすぐる「コーラ」、休校を余儀なくされた学生への思いを語った「クラスメート」、彼ら自身の今の気持ちをぶつけたような「バンド」と畳みかける。「クラスメート」の演奏前には「これは俺のじいちゃんが一番好きな、何歳の人にも届く曲」とも言っていたが、同世代の若者に届けているようで、様々な年齢・立場の人に響く曲を彼らが生み出していることが伝わってくる選曲だった。最も象徴的だったのが「素晴らしい毎日」。〈こんな平凡な日々が ずっと 続きますように。〉――何気ない毎日が素晴らしい、それを彼らはきっとずっとわかっていた。今こそ多くの人に聴いてほしい曲だと、感じずにはいられない。

 続いては畑山の「みなさんも休憩してください」という言葉から、休憩/換気タイムへ。ここで彼らは前代未聞の行動に出る。なんと……冒頭で登場したラーメン屋の屋台に向かい、ラーメンを食べたのだ! ラーメン屋はただのセットではなかった! KALMAはいつでも、ガチである。におい立つようなおいしそうなラーメンに、チャットには「私もラーメン食べよ」の声も。ただし、彼らが瞬時に完食してしまったため、その後の換気タイムは無人の(大将は片付け中)ラーメン屋が延々と映し出されるというシュールな事態になっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる